2017年07月24日

海洋堂ホビー館と道の駅なかとさ

7月22日土曜日の話になりますが、さらにその前日に、”センムの60年”という企画展示があるということで行ってみることになりました。

現地到着は10:35頃でしたが、これが2年前に行った時とはうってかわって、全然車がなくて営業しているのか心配になる程の状態でした。
最悪の事態を想定しながら、施設入り口に行くと、どうも扉は開いているようです。

休刊日は火曜日なので普通に営業をしていたようですが、ただ単に人が少なかっただけのようです。

そんなことで、ほぼ貸し切りみたいな状態で施設に入ることができました。
通常の展示は以前とはちょこちょこ変わっていたように思います。
以前はあった、ガンダム関係の物が全くありませんでした。

そして企画展示は、どうやらセンムの趣味的な物が展示されていたようですが、中でも気になったのは、アメリカで購入したという直径1m以上はあるかと思える大きなミレニアムファルコンでした。

ここを12:00過ぎに出て、帰路の途中に寄ったのが、先週オープンしたばかりの”道の駅なかとさ”です。
昼時ということもあって結構車が入っていたように思います。
自分達もお店で昼食を摂るつもりが、1時間待ちなんて声が聞こえてきたもんで止めて、ここにある”kaze工房”でケーキを買って帰りました。

”海洋堂ホビー館”はそれなりに面白いし、今回は人に邪魔されずにゆっくり見ることができたし、新しい”道の駅なかとさ”はいわゆる道の駅でしたが、新しさの刺激はいつも大事なことです。

たまには遠出しないといけません。


posted by YAMA at 00:44| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

あの渓谷は今

紅葉が見頃という声が聴かれている時期ですが、こちらでは山間部でそんな所がチラホラ出てきているようです。

そんなことで、見に行ってみようかと行ってみたのが、”中追渓谷”。

だった所というべきでしょうか..。

主要道路から案内が無いし、ちょっと不思議に思いながら行ってみると、”グループホーム”という看板が。

なぜ???


どうやら観光施設としては運営をしておらず、社会福祉施設として再利用されているようです。
ただ、建物に入らなければ、周辺の散策はできるようになっていました。

遠い昔に運営をしていた時の観光施設は、いつぞやかで時間を止めてしまい、荒れている状況の部分がありました。
昔がここに釣り堀などがあり、それで楽しんだという思い出があるので、これを見て結構悲しい気持ちになりましたが、時の流れがこうさせたんだと諦めな感じ。
ただ、周囲には川が流れ、降りていくことができれば結構見られるんですけどね、高い所に吊り橋もありまあすし、紅葉も見られる。
とっても残念です。

P.S.グループホームはこの旧観光施設からさらにちょっと奥まった所にあるようで、駐車場から結構遠いのに、いくら再利用といってもこれは不便過ぎるんじゃないの?と勝手ながら思ってしまいました。


posted by YAMA at 22:53| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

東京研修でのこと

仕事で研修なのに、カテゴリーを観光にしてしまってます。
というのも前日に東京入りするということで、その際にちょっと早めに行ったもので、新宿を楽しむことができたからです。

その新宿。
7月の東京行きでも来てはいたのですが、その時は”新宿の目”と人の多さを見ただけ。

今回は”新宿の目”も見ましたが、JR新宿駅の近くの”コクーンタワー”とか、もうちょっと足をのばして”東京都庁”まで。

”コクーンタワー”は、ちょっと中に入ってみましたが、すぐに学校の入り口になったので、さっさと退散。
外観を主体に撮影をしてきました。

”東京都庁”はというと、展望台に行ってやれと、なんとなく緊張したのですが、中に入ってみたら、直行エレベーターがあるということで、多くの外国の方々が並ぶ所に一緒に並んで、上にあがりました。
眺めは最高でした!
遠くに東京タワーや東京スカイツイリ−も見えるという、さらに大小様々な建物が所狭しと並んでいて、巨大なジオラマを見ているようでした。
スマホの新しくなったし、何枚も撮影をしてしまいました。
締めに、新宿に新しくできたバスターミナル”バスタ”を見てみようと、新宿駅に戻り、どこにあるかを探してなんとか見つけました。
建物に入ってみましたが、特にこれってものもなく、ただ見て終わったみたいな感じです。

ホテルが高田馬場にあったので、行ってみると、なんだか手塚先生キャラばかりの大きな壁画があってみたりします。
ホテルのテレビが起動した時に立ち上がるネットのホテルの案内画面に近隣の案内があって、その中に、手塚先生の仕事場があったかの内容になっていたような。
和菓子屋では、アトムとウランの饅頭までありました。
買ってしまいました。

とにかく歩いて、高知での生活では歩くことが少ないので足がおかしくなってしまいました。
でもまあ、”東京都庁”はそれなりによかったかなという感想です。

こういう、収穫もありましたが、当然研修での収穫もあったつもりです。
今回はグループワークが結構よかったかなという感想です。普段はあまり気乗りがしないですけどね。



posted by YAMA at 22:35| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

武市半平太さんに会いに

先般岩崎弥太郎さん、中岡慎太郎さんに会ってきたところですが、引き続き、幕末に活躍した高知の偉人に会おうと、しばらく行ってなかった武市半平太さんに会いに行くことにしました。

銅像のある所に行くということになるわけですが、その銅像のある所がちょっと外れなんです。


横浪半島。


高知の人はもちろん”シャコタンブギ”って漫画を読んだことのある人ならピンと来ると思うのですが、車やバイクで走る人が夜な夜な集まっていた、もしくはいる、土佐市から須崎市にかけて走る横浪スカイラインの途中の休憩所にあります。

なので、クネクネ道をちょっと走行しないといけません。
車酔いのする人には辛い道程です。

この駐車場、遠い昔はお土産物屋というか、もしかしたら食事ができていたのかもしれませんが、建物があったのですが、今日行ってみると、その建物は壊されていました。
結果、トイレはあるものの、自動販売機すら無い状況。

それでも新しくできていたのが、県内の銅像の位置を示す案内板。
銅像になった人物のことをの説明書きまでありました。

肝心の銅像は変わらずそこにありました。
今回銅像の足元を散策してみたのですが、すると気が付いてなかった物を発見。
土佐勤王党に所属していた人の名前が列記されている物がありました。
私は何度かここに来ていたのに、全然この存在に気が付いていませんでした。(汗)


眺めはそれなりに良い場所ですが、何でこんな場所にこの銅像を建立したのか...。
ほかの偉人の銅像に比べてちょっとかわいそうな位置にある気がしないでもない。

そういえば、坂本龍馬さんにもしばらく会ってない気がします。

桂浜。

有名な観光地ではあるんでしょうけど、めったに行かないですもんね。



今度は誰に会いに行きますか?


posted by YAMA at 00:06| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

安芸市やら北川村やら

これまでほとんどなかったYAMA.Rとの2人での観光お出かけ。
今回諸事情あり、ろ〜るきゃべつが別観光しているもので、それなら2人で行こうとなった次第です。

行き先は幕末の偉人の生家を2件。
タイトルを見れば分かる人には分かる安芸市は岩崎弥太郎さん。
そして、北川村は中岡慎太郎さんです。

yatarou16071701.jpg
岩崎弥太郎さんの生家には以前に2度程行ったことがありましたが、道路工事の関係で移動してきた銅像が立っているのを見たことはありませんでした。
そんなことで、行ってみたのですが、行き方が悪かったのか、道路の案内があまりなくて、途中完璧に迷ってしまっていました。
ナビにセットしても、無い道路に行けと言われて焦っていると、よく見ると、細い道路がナビのとおりありました。
やっと行きつくことができましたが、3連休の初日にしては寂しい感じで、ほとんど人がいません。
sintaro16071702.jpg
生家に行くと、誰もいなくて貸し切り状態。
土間にまでは入れますが、部屋に上がることはできません。
茅葺屋根の萱の切り口やら、中に入って構造を見てこれは凄いという感想を持ちました。
おかげで邪魔をするのは虫位のもので、自分らのペースで見ることができました。

sintaro16071701.jpg
次の中岡慎太郎さんの生家にも遠い昔に一度行ったことがありました。
今回も”中岡慎太郎館”に入ってみました。
こちらも人がおらず、貸し切りです。
yatarou16071702.jpg
さらに生家の方も行くと人がおらず、じっくりと見ることができました。
こちらも茅葺屋根の建物。ここは部屋にまで入ることができるので、入ってみると、梁の高さが低くてちょっと圧迫感があります。
ちょっと前に改修の記事があったので、一部床板が新しくなっていたりはしましたが、岩崎弥太郎さんの家と同じくコンパクトにまとまっている感じでした。

いずれも生家は無料で見学をすることができます。
安近短にはちょうどな観光地です。


そして、この観光の締めには、野市にある”龍馬の湯”という温泉に行ってきました。
ここの利用は初めてになります。
いくつかの温泉と同じように、事前にチケットを購入してから受付カウンターに行きます。
中は綺麗ですが、ほかの温泉にあるようないくつかの泡が出る浴槽やら、打たせ湯などはありません。
かろうじて泡の出る浴槽はあるのですが、普通の浴槽に下から泡が出ている程度で、寝てゆっくりみたいなことはできません。
一応、露天風呂もありはしますが、場所が場所なので、空気の違いと、空を楽しめる程度の気休め程度のものでした。
でもまあ、これはこれで、日中暑かったので、汗を流してすっきりとするのには十分にいいものでした。


お昼から午後にかけて陽がさし、暑く、台風が迫っていることが感じられない天気でしたが、その台風16号。
上陸していまうのでしょうか?
今現在来そうな感じの予報がでてますが、勢力が大きいだけにそれて欲しいと望むばかりです。


P.S.2016.07.18画像を追加しました。
posted by YAMA at 22:22| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

かき氷と轟の滝と朴の木公園

山の日の今日、山の方へ行こうと思い立ったのが久々の香北町方面行きです。
この町には”あんぱんまんミュージアム”などがあって、YAMA.Rが小さい頃はできたばかりのここに何度か行きました。

ですが、本日の一番の目的はかき氷を食べるのに、この町にあるお店に行くことです。
そのお店は”RUFDIP”。
何でも行列ができるお店とのことで、開店時間に合わせて行こうとなったわけです。
到着は30分前。
暑かったのですが、お店の前の待合スペースでじっと開店を待ちました。
開店間近になると、結構車が来るようになりました。
ですが、我が家は一番乗りでお店に入ることができましたし、速攻で注文したので、本日の一番にかき氷にありつくことができました。

かき氷の後にはなるのですが、ここにきてほかにどこにも行かないのは寂しいと思い、久々に滝を見ようということになり、”轟の滝”に行くことにしました。
以前に行ったつもりだったのですが、実際に行ってみるとどうも違う感じ。
結構細い道をクネクネと走って30分程で到着。
滝までは歩いて行かないといけないので、暑い中をテクテク。
でも、日陰に入ると、暑さが和らぐので、あまり苦にはなりませんでした。
最初に到着した展望台での眺めは最高です。
todoro2016081101.jpg
この滝、3段になっていて、それぞれの滝壺を見ることができますし、結構大きくて迫力があります。
近くまで行けるので、歩道をこれまたクネクネと降りて行きました。
todoro2016081102.jpg
間近で見ると展望台で見た程は美しいという感じはありませんが、迫力十分。
マイナスイオンに癒されてもきました。

この滝に行く途中で標識を見てました。
hounoki2016081101.jpg
”アンパンマン”の作者、やなせたかしさんのお墓を公園として整備した”朴の木公園”へも行きました。
ここ、案内が少なくてとてもわかりにくくなっていましたが、なんとか発見。
hounoki2016081102.jpg
やなせさんの生家跡に整備されたと、自らの墓石にそう記してありました。
そして、大きなアンパンマンやバイキンマンの石像にはさまれていて、さらに周囲にも小さめの主要キャラクターの石像がいくつかあります。
静かな所なので、ゆっくりゆったり眠ることができる場所だなと感じました。

あちらこちらと、ちょっと遠い所に来た気分になれる、正に安近短な観光になりました。


追記:2016/8/12画像を追加しました。


posted by YAMA at 00:01| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

ながおか温泉

朝はちょっと涼しい感じがあったのですが、そんなのは一時のこと。
すぐに気温は上昇して30℃越えです。

そんな中、YAMA.Rのちょっと前からの希望で、”ながおか温泉”に行ってきました。
何年前に行ったのか、もう覚えてはいませんが、久々に行ってみて何が変わっているのかもさっぱり分からず、ほぼ新鮮な感覚で行けました。

今回は入浴のみの利用で、一緒に利用できるプールは利用しません。
温泉の方は、サウナや水風呂などの設備のほかに、打たせ湯やバブルが出ている所、さらには露天になる風呂もあり、一応ある程度利用してみました。
露天へ行くと、今日はちょっと風があって、入浴している場合だと、風のおかげで気持ちがよく感じられました。
お湯の影響だとは思いますが、肌がヌルヌルした感じになります。
これがいかなる影響をおよぼしてくれるのかくれないのか分かりませんが、暑い時の温泉もこれはこれで体が癒される感じです。
正に”テルマエロマエ”な感じでした。

湯上りにコヒーを飲みましたが、ここではビンの飲料も置いてありました。
腰に手を当ててゴクゴクみたいな..。
ただし服を着てになりますけどね。

お風呂の中は、裸眼だろ良く見えないもんで分かりませんが、更衣室などは綺麗に保たれていて、気持ちよく過ごすことができまた。


ホッコリです。


posted by YAMA at 23:44| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

東京旅行3日目終わり

高知に戻りまったりしています。

いつも感じるのですが、こちらに帰ってきた直後は、気分がなんとなく浮あついた感じです。
現実が現実でないようなそんな感覚です。(マトリクス?!)
それがどこからくるのか?

やっぱり日常と異なるからでしょうね。
一種夢の世界に居るかのような。
見なれない景色の中に身を置き、何もかにもが刺激的で、常にどこかビンビンしています。
その非日常に加えて、特に演出してくれるのが飛行機であるように思います。


日常に帰ってきました。
見慣れた景色の中で、刺激を受けた身や心を癒していきますが、新しい刺激は徐々に日常の中に溶け込み、大切な記憶として残っていくでしょう。


東京は小さくて大きいなぁと改めて感じました。


posted by YAMA at 23:50| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京旅行3日目の今

雨になった今日は赤坂から表参道、新宿、横浜と回りました。
雨が降った為に色々と苦戦しながら、また、足の痛みと戦いながら移動を繰り返し、今は羽田空港にいます。

横間からの移動に京急バズを利用したことで歩きが少なくなり、大分助かりました。

しかし、空港内もかなり広いので、それに加えて高知行きなんてターミナルがはしっこなだったりして、やっぱり歩かないといけません。(涙)

まま、早めにターミナルに来たので、ゆっくり出発を待ってますが...。

posted by YAMA at 18:30| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

東京旅行2日目

まだまだ東京を楽しみます。
浅草泊だったので、初っぱなは浅草寺です。
動き出しがそんなに早くないので、到着した時は既にたくさんの人でした。
京都の時も感じたのですが、外国の方が多いことと言ったら。
80%以上が外国の方だったように思います。

その後は秋葉原、お台場です。

今回のお台場はガンダム中心です。
実物大のを見て、さらにはグッズを見て買ってです。
主はYAMA.Rが楽しみにしていた場所。
あれこれ楽しんでました。
ガンダムカフェにも行ったのですが、実は秋葉原でも行っていて、その時は昼食をとりました。
ちなみに私はシャアザク・ライス Ver.2でした。(笑)

今回もスーツケースを転がしての移動。
コロコロできるとはいえ、階段もありとにかく修行のような感じで、昨日の疲れもあってかなり疲れてしまい、さらには足が痛くなり、途中動くことができなくなってしまったりしました。(涙)

今晩は赤坂泊です。
ホテルにチェックインすれば、もう出られません。

posted by YAMA at 21:56| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

東京旅行1日目

二泊三日の予定で東京にやって来ました。
今回はサカナクションがらみのプラネタリウム、スカイツリー、お台場、横浜などが主な行先です。

1日目の今日は、主な行先の2つに加えて、亀有に行きました。
プラネタリウムはろ〜るきゃべつの希望で真っ先に行きました。
ろ〜るきゃべつは大満足だったようです。

亀有はもちろんこち亀がらみです。
駅周辺の銅像を見たり、実写で登場したお店に行ってみたり。
周辺は両さんだらけでした。

そして、スカイツリーは下にお店がたくさんあるのでそれだけでも楽しめます。
でも、やっぱりここまでくるのならと、スカイツリーのフルコースということで、回廊にも行ってきました。
今の時期、50周年ということで、ウルトラマン関係の展示が回廊でされていました。
時間帯的には、陽が暮れて来る頃だったので、街の移ろいを楽しむことができました。
そして、当然ですけど、高いなあという感想です。

しかし、今日はめちゃくちゃ暑くて、なんでも台風の影響で気温が上昇して、東京では気温が37度まで上がっていたようです。

明日はお台場で楽しみます。
posted by YAMA at 22:07| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

雨でも蓮池公園へ

土佐市へ買い物に行きました。
その買い物ついでに行きたいとこがあったので、せっかくここまで来たのならと足を運んでみました。

土佐市といえば、先般、高知新聞に出間の”早咲きのヒマワリ”の記事が掲載されていましたが、そこではなく、また、アジサイの話でもなく、これから見頃を迎えるだろう蓮の花を見に、蓮池に行きました。

実は昨日、やっぱり蓮がある所で、開花状況を確認していたのですが、その際はまだ咲いてなくて、早いかなということで半ば諦めていました。

で、実際に現地に行ってみると、まずは広い池のイメージがあって、そのイメージのまま目的の場所を探していたもので、「無いね。無いね。」と言いながら、段々と心細くなってくるような、狭い道路を進んでいって見つけることができず、元々走行してきた国道へ出てしまいました。
最初からやっておけば良かったのですが、位置の確認をし直して、なんとか発見できたのが、建物がある間の、想像していたよりはかなり狭い、少しわかりにくい場所。
目印は”土佐市立蓮池コミュニティーセンター”。この北側に広がっています。


駐車場から蓮のある池が良く見えるのですが、所々ピンクが見えます。
こちらでは開花していたようで、到着した時は、雨が酷く降ってましたが、車から降りて池へ向かいました。
hasu16061101.jpg

池の中に木で作られた遊歩道があって、花の咲く蓮を近くで見ることができるようになっています。
よくよく見てみると、花が2種類あるように見えます。
hasu16061102.jpg
hasu16061103.jpg
上側が”大賀蓮”、下側が”八重茶碗蓮”と言うようです。
そして、開花した花をみると、めしべの部分がジョウロの先みたいになっているのがようくわかりました。

ここで、雨の日にしかわからない面白い絵が見られました。
蓮の葉に落ちる雨水が、玉になって忙しく動く様。
蓮の葉は小さな毛が無数に生えているのか、まるで撥水処理をした車のガラスのように水をはじくもので、葉の中でコロコロ動いて、水玉が踊っているような感じに見えます。それを眺めているだけでも結構楽しかったように思います。
中には水が貯まる葉もあって、ある程度まで貯まると、首をかしげてその水を逃すようすも見られます。

ここではイベントがあるようですが、それはもうちょっと先の7月に入ってからなので、蓮の花はまだまだこれからドンドン咲いて7月になる頃に見頃を迎えるのでしょう。


でも、一足先に池をほぼ独占状態で楽しんできたのでした。


P.S.ろ〜るきゃべつはビショ濡れになりながら、画像や映像を撮影していました。これはサカナクション絡みだろうな。(想像)
タグ:
posted by YAMA at 20:22| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

洞窟探検へ行こう(龍河洞)

スケジュールを立てての行動をしてなかった今日、出先でちょっと前にYAMA.Rがつぶやいていたことから急きょ行ってみることになったのが”龍河洞”です。

現在の香美市、合併前は土佐山田町にあります。
以前にも行ったことはあって、新しい何かがあるわけじゃないのですが、一定時が経てばなんとなく行ってみたくなります。

龍河洞の入り口に行くまでに、お土産物屋があったりするのですが、以前に来た時よりもさらに寂しくなった感がありながら歩いて行きます。

洞窟の入り口付近に立つと、結構冷たい風が吹いてくるもんで、半袖で来ていた私とYAMA.Rは、失敗したかなとか思いましたが、洞内は上りがきつく階段も多く、おおむね20階建ての高さにまで駆け上がるので、暑くなりますよと説明をしてくれたのが、入り口に居た案内のお姉さん。

実際に入ってみると、入り口付近で感じた肌寒さは無く、とにかく上が低くて、かがみながら進まないといけないこと多数、時折幅の狭い所も通過しつつ、上がったり下りたり。
結構な運動量なので寒さは皆無です。

洞内の撮影は可なのですが、今回はビデオカメラを持ってきてなかったので、見ることに徹していたので、じっくりと周囲を観察しながら回ることができました。
改めて自然の作り出した物の美しさと雄大さに感動しきりです。
すごくひだがあったり、濡れて滑っていたりするので、何か長い生き物の腸の中にいるように思えたりもしました。
出口付近には弥生時代の人々の住居に使用されていたようで、洞内であれば気温が一定で保たれているので、光が十分に入らないにしても、冷暖房設備の無い昔々、過ごし易すかったのかもしれません。

心配していて寒さは全く無く、凄く快適で、出てからすっきり感がありました。

土佐山田といえば、刃物が特産品なのですが、出口から駐車場に戻る途中に店があって、おじさんが声をかけてきて、その話術と、見せられたデモでの、スーっと紙が切れていく様にひっかかり、包丁を買ってしまいました。(笑)
説明のとおり、切れ味が長く続くと良いのですが..。


P.S.ここにはほかに、龍河洞博物館や龍河洞珍鳥センターがありますが、今日は龍河洞珍鳥センターに居ると思われる、あるおじさんを目当てに寄ってみました。(TV番組”月曜から夜更かし”より)
会うことはできませんでしたが、なぜか七面鳥がいて、その大きさにびっくりしてきました。


posted by YAMA at 21:05| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

続々 天狗高原からの梼原町

憲法記念日の今日、天気が悪くなることが分かっていたので、カウチポテトしてました。
映画を2本も観ましたよ。

というわけで、先般の天狗高原に行った時の続きネタになりますが、今回は天狗高原ではありません。
地芳峠から山を降りて、国道440号線を南下していきました。
ずっと前を走行していたバイクの後を追って走行していたら、いつの間にか梼原の街に入ってました。(汗)
yusuhara16050101.jpg
国道沿いで目立つ建物が”まちの駅ゆすはら”のある建物です。
でも、特に感じたのが、こういう山間部にある街に無い、パワー感が溢れているということです。
コンパクトな街なのですが、綺麗で明るい印象です。
yusuhara16050102.jpg
少し国道から入った所に役場もあります。
これまた先の”まちの駅ゆすはら”のある建物と同じ建築士設計のすばらしい建物です。
yusuhara16050103.jpg
日曜日でしたが、中に入ることができました。
中の構造も迫力がある物で、山間部にある建物にふさわしい木の梁など、その組み合わせが力動感にあふれているものでした。

ほかにも坂本龍馬などの銅像がある、”維新の門”にも寄ってみました。
以前から存在を知ってはいたのですが、見るのが初めてで、想像していたよりは大きく立派な物で、特に吉村虎太郎などの物は、今にも動き出しそうな銅像で、見ることができてよかったなと感じられる物でした。

とまあ、今回の山行きの主体はこんなところですが、癒され、また刺激を受け、心の面で収穫の大きなものでした。
posted by YAMA at 00:44| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

続 初天狗高原

連休の合間の今日は仕事でした。(涙)

昨日行った天狗高原があまりにもすばらしく、良い体験になったもので、引き続きの記事になります。

天狗荘から近くでカルスト地形を楽しんでからの話になります。
この後、来た道を引き返すのではなく、次に行こうと思っていた、梼原町へ向かう為に、尾根と思われる所を走行する県道を西に走行していきました。
南側はカルスト地形が続き、そこに放牧されている牧場で飼育されている牛が居たりして、すごく見慣れない風景。
tengu16050103.jpg
走行している内に2基の風車が稼働している姿が見えてきました。
全てにおいてスケールが大きく圧倒される感じです。
この風車を過ぎて間もなく、”姫鶴荘”があります。
ここで休憩したわけですが、季節がらライダーの皆さんが多かったように感じます。
また、県外ナンバーのバイク、車が過半数を占めていたようにも思います。
tengu16050104.jpg

ここでは別途ソフトクリームのお店があって、明るい店員さんが販売をしています。
1個300円。
食べてみましたが、とても濃厚でおいしく、周囲の風景と相まって、そのおいしさは100倍だったように感じます。

この付近は県境でもある関係で、”姫鶴荘”の敷地内に県境を示すロープが張ってありました。
県境を跨ぐことができる場所です。
tengu16050105.jpg

とにかく感動しきりでしたが、途中の道がクネクネと細く長く、特に帰りの梼原町へ抜ける道路は長い!の一言につきます。
でも、やっぱり季節を変えてもう1回行ってみたいなと思えました。
posted by YAMA at 21:39| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

初天狗高原

ゴールデンウィーク最初の3連休。
その最終日、まだまだ天気は良くて出かけるには絶好の気候。

以前から行ってみたいと思っていた天狗高原に行くことにしました。

高速道路を使用して須崎市まで行き、そこから国道197号線(私の呼び名:いくな)を北上し、途中で国道439号線(私の呼び名:よさく)から途中細い道に進入しドンドン北上して、山の頂に建物が見えるようになります。
これが”天狗荘”でした。
tengu16050101.jpg

ここからの見晴らしはすばらしく、遠くに風車が林立している様子も見えます。
そして、四国カルスト特有の地形も見ることができます。
また、この地形の中を散策することもできます。
今は枯れた笹を焼いてある関係で黒い地面が広がっていますが、それでも別世界に来たような感覚がしましたた。
tengu16050102.jpg
tengu16050103.jpg

いやあ、本当に心が洗われるような感じですっきりしました。
もう一度、季節を変えて来てみたいと思いました。

posted by YAMA at 22:21| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

久々に人魚に会いに

午後2時前から出かけました。
言い出しっぺはろ〜るきゃべつで、ちょっとした目的があってのことのようです。

午前中はバイクのタイヤ交換作業をしていて、さらにこの作業が午後にズレ込んだ為にこんな時間からの出動になりました。
幸い連休だと渋滞のできる地帯は、その時間帯を過ぎたのかスムーズに通過できました。

現地に到着したのは午後2時30分を過ぎた頃でしょうか。
やってきたのは”ヤ・シィパーク”です。
以前やってきた時とごめん・なはり線の夜須駅前の雰囲気がちょっと変わってましたが、久々に来ても大きく変わった印象はありません。
ここにあるお店で探し物でした。
結局目的の物は無かったのですが、その後に海岸に出てみて、少々たそがれてみました。

ごめん・なはり線の各駅には、故やなせたかし氏が残してくださった、キャラクターがあって、ここ夜須駅はやすにんぎょちゃんで、その像があります。
以前に壊されたことがある為か、周囲に鎖が張られていましたが、なんだか薄汚れていて、ちょっとかわいそうな感じになっていました。
私が見てる感じでは、このキャラクター像を気にして見ているのは私だけでした。
まあ、できて10年以上も経過すればそんなもんでしょうかね。

ここの帰りに、目的の1つ、ジェラートのおいしいお店があるということで、寄ってみました。
”ドルチェかがみ”です。
注文の仕方にシングル・ダブル・トリプルがあって、当然ダブル・トリプルでは違う味が楽しめるようになっています。
私たちは3人がダブルで、全部違う味の物を注文しました。
私はオレンジとしぼりたて牛乳、ろ〜るきゃべつはチョコレートと抹茶、YAMA.Rはやぎミルクとストロベリーだったかと思いますが、オレンジはシャーベットのようでした。
みんなで味見をしあってどれがおいしいかを言いあってましたが、個人的には、搾りたて牛乳と、ストロベリーが一番おいしかったと思います。
やぎミルクは何か特別な感じがしましたが、コクが無い牛乳のような印象でした。

このお店、ちょっと遅めの時間帯だったのに、次から次へとお客さんが来ていました。
人気があるんだなと感じました。

と、いうわけで、海で心を洗浄して、ジェラートで幸福感を満たすことができて良かったなと思いました。

posted by YAMA at 00:34| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

久礼に行ってくれ

と、ろ〜るきゃべつに言われて中土佐町は久礼(くれ)にある”大正町市場”に行きました。

高速道路があるとやっぱり早いもので、思いのほか短時間で中土佐町に到着。
ICを降りるとすぐに街があります。

kure15111501.jpg
ここに来るのは12年ぶりになります。
変わっているようで変わってないのか、と言っても、市場の入り口部分の造りは綺麗になっていました。
市場の中はというと、活気があるような無いような..。
空いているお店、工事中のお店、休みのお店など、それほど長い通りではないのですが、そんな中でこんな状況。
時期的なことがあるのか、それともいつもなのか、お客さんも少ないし、寂しいかなと思ったのですが、こんなものなのかもしれません。
この”大正町市場”以外の通りも歩いてみましたが、ほとんどのお店が閉まっていました。

干物だけ買って帰ることになりましたが、本当は別の目的で来ていました。
でも、その目的は達成することができず、でも、別の新たなちょっと興味のあるお店を発見できました。

ほか、須崎市の道の駅にも寄って帰ってきました。こちらも久しぶりでしたが、休憩や昼食にもってこいなのか、こちらは結構人がいたように思います。


しかし、今日は11月にしては気温が高く、日中は、半袖Tシャツ1枚でも過ごせる程の暖かさ。
暑い暑いと言いながら過ごしていました。


posted by YAMA at 20:18| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

初 海洋堂ホビー館と道の駅四万十とおわ

ここができてしばらく経っていますが、山の奥にあるということでこれまで行ったことがありませんでした。
が、このゴールデンウイーク中にどこに行くともしてなかったので、こどもの日の今日、YAMA.Rの希望もあって行ってみることにしました。

自宅を出発したのは8:00過ぎ。
海洋堂ホビー館の開館は10:00だったのでちょうどかなと思いながら行ってみると、到着は9:00過ぎ。
高速道路を使用して、下道におりてからも思いのほかスムーズに流れた関係でこんな到着時間になりました。

この時間ですと、敷地内の駐車場も余裕であいてて駐車することができました。
今日は屋台も出ていて、ゴールデンウイーク中のだなって感じです。
で、あれよあれよという間に車が増えて一杯になりました。
kaiyou15050501.jpg
開館時間は人が多く待っているせいか、15分程早めてくれました。
入ると、大きなケンシロウのフィギアが迎えてくれます。
館内はさほど広くはありませんが、小さいのから大きいのまでたくさんのフィギアが展示されています。
今の期間特別展示として、海洋堂ジオラマ大作戦をやっていて、フィギアを使って、何種類ものジオラマが作られ展示されていました。ゴジラやウルトラマンなど、ちょっと興味ひかれる物などがありました。
ここで買ったのは、ガチャポンで購入できるフィギア。
YAMA.Rは進撃の巨人、ろ〜るきゃべつは不思議の国のアリスのガチャポンでした。
帰る頃になると、シャトルバスが動いている状況でした。
確かに館内に居た人も多かったように思います。

関連施設としてカッパ館がありますが、そちらはスルーしました。
それで向かったのが、道の駅四万十とおわです。
国道にもどってから25km以上あるようです。

koinobori15050501.jpg
事前に地図で見てはいましたが、いったいいつになったら到着するのかと思っていたら、途中で川の上を山から山へロープを渡し、鯉のぼりをたくさん流していました。
こいのぼりの里という場所らしいですが、ここではありません。

towa15050501.jpg
もう少し愛媛県向けて走行すると、見えてきますが、どうやら車の列ができています。
お昼時というのもあったでしょう。
それでも、あまり時間がかからずに駐車場に入ることができました。
ここで、お店で昼食を摂りたかったのですが、今の時期普段のメニューができないようで、バイキングで大人1,300円という昼食になっていました。
食にこだわりのない我が家。
あっさり、販売しているお寿司だとか、ちょっとした弁当に切り替えて、四万十川が見える所で食べました。
川のせせらぎ、飛び交うツバメ、心地よい春の風...
癒されるシチュエーションです。
自分家へのお土産をここで買いました。

帰りの途中、沈下橋を見つけては寄って撮影。
中にはカヌーの体験ができるところもあったように思います。

仕上げに窪川でカヌレを売っているお店に寄ってカヌレなどを購入。
考えてみたらスイーツばかりお土産として買ってしまったように思います。


なんとなく県外に行った気分になれました。
気持ちのよいドライブになりました。


posted by YAMA at 20:25| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

本日は歴民の日

本日は南国市にある高知県立歴史民族資料館にYAMA.Rと行きました。
なんでも、今日が歴民の日ということで、入館料などが無料だったからです。
それに加えて、新しい長宗我部元親の像ができたということで、恐らくお披露目が今日からだったと思われます。
恐らくというのは、行った時には、像にカバーがかかったままで、その前に椅子がたくさん並べられ、それぞれの席に名前が貼られている状況でした。
この状況は見て終わって帰る時も同じだったので、結局元親像を見ることができずになってしまったからです。

普段であれば、建物のそばまで車で来れるのですが、さすがに今日は人が多いということもあり、別の場所に駐車して、タクシーでピストン輸送をしていました。

館内では、クイズラリーをやっていて、先着300名に記念品に配られ、さらに全問正解者に抽選で図書券ほかのプレゼントがもらえるようです。
当然私達もクイズをしていきます。
が、YAMA.Rは、資料の説明をめっちゃ読み込んでいました。
特に今回は弥生時代の資料の部分に時間をかけて読んでいたように思います。
南国市では高知龍馬空港近くの田村遺跡が有名ですが、それがまさに弥生時代です。
時代の流れに沿って、現在までの資料が展示されています。

最後は元親関連の展示を見て終了ですが、きちんと読めばできるクイズをきちんと読まなかったばかりに、全問正解になっていないことに、提出してから気が付きました。(涙)
でも、参加賞はもらうことができました。元親とプリントされた缶バッジでしたが。

ここへ来たのは今回が初めてではありませんが、無料で見られたのはなによりですし、YAMA.Rと2人で出かけるってほとんど無いので、そういあった意味で貴重な機会になりました。

posted by YAMA at 22:48| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする