2018年08月02日

CF46A(アドレスV125)のシリコンスプレーで黒くなるか?

車もそうですが、とにかく樹脂パーツは経年変化で白くなってきてしまい、見た目がよろしくなくなります。
白化を改善する専用のケミカルがありますが、これが結構高価なのでほかに方法がないかとさがしていたところ、”YOU TUBE”で見たのが、シリコンスプレーを使用する方法。

雨の中を走行したので、汚れを拭き取ったついでに、ちょっと試してみることにしました。
元々の用途とは違うことをするので、最初は一部にだけ試してみました。
あまり白化の進んでない所だったのですが、それなりに綺麗になりました。

そしたら次はリアフェンダー。
ここは太陽光にやられて結構白化が進んでいます。
施行してみると、ほとんど変わりがない。
まあ、ちょっと工程をさぼっているので、そのせいもあるかもしれません。
結果、白いまま艶が出ただけみたいな感じです。

きちんと工程を踏んでするのか、それとも映像でかなり効果のあったのと同じシリコンスプレーを使用してみるか。

もうちょっと試してみます。


posted by YAMA at 21:18| 高知 ☀| Comment(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

CF46A(アドレスV125)の駆動系メンテナンスに向けて

私の通勤快速CF46Aは2008年導入、走行は30,000kmに迫ろうかというところですが、お恥ずかしながら駆動系のメンテナンスを一切していません。
色々な物が限界を超えていて、いつ破綻をきたしてもおかしくない状況かなと。
そこで、消耗品を交換しようと考えているのですが、メンテナンスの動画などを見ていると自分でもできそうな気がしてきたので、準備を進めることにしました。

まずは工具をということで、先般ユニバーサルホルダーやトルクレンチ等を購入してきたところです。
そして先日は、ギアオイルを調達しました。
そう、ギアオイルすら交換してなかったのです。

ギアオイルは交換できるようになったのですが、ここを開けるなら、ドライブベルトやウエイトローラーも一緒に交換したいと考えていて、それでユニバーサルホルダーを購入したのですが、肝心のベルトもローラーもまだ調達できていないので、その調達をしないといけません。


ほかにタイヤ交換も控えていますが、こちらはもう交換したらいいだけの状況。


待ち作業てんこ盛りです。

posted by YAMA at 16:49| 高知 ☁| Comment(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

CF46A(アドレスV125)エンジンストップのその後

昨日のことがあるので、ちょっと覚悟して朝の出勤時のエンジンスタートをしました。

結果は、普通に速攻エンジン始動でした。

突然のエンジンストップより前の状態に戻っていました。
突然のエンジンストップもありません。

帰宅時もノープロブレム。
全くの普通な状況。

???

様子見ですが、スパークプラグぐらいは準備しましょうか。

posted by YAMA at 22:51| 高知 ☁| Comment(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CF46A(アドレスV125)突然のエンジンストップ

朝の通勤時に、自宅からあまり離れていない信号のある交差点で信号待ちをしていたら、何もしていないのに突然エンジンがストップ。
エンジンの再始動を試みるも、すぐには再始動せず、一旦すぐそばの歩道に避けてからリトライ。
ところが、スターターがむなしく回るだけで、エンジンは一向に息を吹き返そうとせず、バッテリー上がりを恐れて、途中でキックに変更。
キックでは3,4回蹴ったでしょうか、すると何事もなかったかのようにエンジンが息を吹き返し、普通に安定してアイドリングしています。

何だろう...?

後は仕事場までエンジンが止まることなく行き着くことができました。

そして、帰宅時。
エンジンを始動しようとすると、またまたエンジンが目を覚ましません。
そんなことで、今回も早々にキックに変更。
今回も3,4回程度のキックでエンジンが目を覚ましました。

何だ? 何だ?

その後はこの時もエンジンが止まることなく帰宅できました。


明日の朝どうなるかです。


posted by YAMA at 00:24| 高知 ☁| Comment(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

CF46A(アドレスV125)のリアサスペンション交換

フロントの交換ができたので、併せてリアも交換したいと、今日作業にかかりました。
今回は作業にあたり不安な点はなくて、とにかく外して装着するのみです。
交換したのは中古の社外品。
フロントと同じ所の取り扱い品です。

脱着の際にエアクリーナーボックスの車体への固定を外すのですが、これに合わせてエアクリーナーも見ておこうと思いたち、ボックスを割りました。
すると、中の一部が細かなダストがこびりついたようになって所があり、その原因がエアクリーナーのスポンジ本体に塗布されている粘度の高い物によると思われ、これが本体の掃除もほぼできない感じにしています。
湿式なのでこれなのでしょうけど、掃除するにしても結構邪魔なものです。

リアサスペンションの装着何の問題も無く終了しました。
カウルやメットインのボックスを外す必要があるというめんどくささはありましたが。

装着後に本当に少し低速で乗ってみましたが、硬いという印象です。
今後通勤で乗ってみてそのフィーリングがどう変わるかですが、気持ちの安心感が違います。

明日が楽しみです。

posted by YAMA at 23:59| 高知 ☁| Comment(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

CF46A(アドレスV125)のフロントサスペンション交換

昨年3月頃から、片側のフォークにオイル漏れを起こしていたCF46A。
幸いブレーキディスクのある側ではない方だったので騙し騙し乗ってきました。

オイル漏れが分かった当初、オーバーホールを考えましたが、お店に頼むと結構な金額がかかるので、それなら社外品を購入し自分で交換をしようと考え、ヤフオクで中古を探してきました。
ですが、なかなか物が出てこないうえに、結構な金額になっていたので、それなら社外の新品を買ってしまおうと決心したのが昨年末のことで、物は昨年届いていましたが、年末のバタバタで交換できないでいました。

交換にあたり一応、YouTubeとかで予習をしましたが、私のCF46Aが’08モデルなので、フォークがすんなり抜けてこないことから時間に余裕を持って作業にあたることが必要になり、本日の作業となりました。

ステムなどを外すと綺麗に交換できますが、それをするのは大変なので、多くの方がする方法の一部をカットする方法で、フォークのトップにアクセスして17mmのロングナットを使用して、自分的にはあっさりと難関がクリアできました。

ということで、不測の事態は起こらず、事はスルスルと進んで、と言ってもそれなりに時間はかかってしまいましたが作業をおえることができました。

まだ走行をしていないので乗り心地などは分かりませんが、安心感が違います。
走行するのが楽しみですが、まだリアサスペンションの交換をしないといけません。

物はもうあるんです。装着するのみ!!(ニヤリ)


posted by YAMA at 20:58| 高知 ☀| Comment(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

CF46A(アドレスV125)スターターリレー交換

CF46Aには、色々とウイークポイントがあって、このスターターリレーもその1つです。

私のは1年6か月程前に、回ったり回らなかったりしていたセルモーターが、段々とその動く回数を少なくしていき、最終的には全く動かなくなってしまいました。
ただ、この時のトラブルシューティングには、チェック箇所がいくつか出てくるのですが、一先ず一番簡単な、そもそもセルモーターに電流が来ているかどうかのチェックをしてみてました。
その際は、電流が来ていないという結果になり、スターターリレーを疑うこととなりました。

このスターターリレーは新品が5,000円程度するらしく、どうするか考えましたが、最終的に不確定要素を潰せないのですが、中古で購入してみることにして、先般ヤフオクでゲットしてました。

そんなことで、梅雨の雨が上がってしまった今日、交換するべく午後から作業にかかりました。
スターターリレーはステップにあるバッテリーの横なので、交換するにしても簡単です。
バッテリーのマイナス端子を外し、絶縁しておいて、スターターリレーそのものに刺さっているソケット、ビス固定のハーネスを外します。
今回購入のスターターリレーに元のように固定していって、まずは仮で。
そして動作確認。

キュルルル

見事に回ってきました。
スターターリレーが中古であること、自分のチェックで間違いなかったのかなど、半信半疑な状況でやってみた交換作業ですが、あっさりとセルモーターの動きが復活。
ただ、以前に「カチ」というだけでセルモーターが回らない症状が、早くも顔を出す機会があったので、これまた微妙な感じがしてますが、現在は回る率が高いのでひとまずは様子見です。

これで、ちょい便利なというか、元々の仕様に戻ってきました。



posted by YAMA at 22:20| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

CF46A(アドレスV125)ちょっと早い給油

諸事情あってちょっとお昼に仕事を切り上げてきましたが、その帰りに給油をしました。
残量的にまだ大丈夫だったのですが、天気の関係とかもろもろあって、今日給油してやることにしました。

ガソリン単価の上昇があって初めての給油になったのですが、どうやら4円の上昇。
まだまだ上がってしまうのでしょうか..。

そして燃費はというと、今回は36.6km/lありました。

現在フロントショックのシールが切れ、オイル漏れを起こしている状況なので、あまり急激なブレーキをしないようにしている関係上、エンジンブレーキで滑走する距離が増加しているから若干の伸びになったのかもしれません。
2本ある内の片側だけなのですが、シールは両方とも切れているので、いずれ漏れてない方も漏れるでしょう。


なんとかせねば..。ニヤリ


posted by YAMA at 22:41| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

CF46A(アドレスV125)の定期チェック 20170311

通勤の足、CF46Aの世話もたまにはしてあげないと、特に社外部品で密かに不具合が発生することが多いので、そういった部分を中心にチェックをしつつ、軽く汚れを拭き取りました。

これまであったのが、マフラーを固定しているビスの緩み。
今回は、きちんと締まった状態が維持できていました。

そして、一番最近取り付けをした、ブレーキディスク。
3か所あるビスの内1か所だけちょっと緩んでいたので、これを増し締めして終了。

オイルを確認してみると、結構黒くなってきているので、近々要交換です。

ボディの汚れを拭いている時にフロントフォークを見てみると、まだ触ってないのに片側のケースが少し濡れたようになってます。
ようく見ると、以前からシールのゴムが切れているのは分かっていたのですが、いよいよそこがダメになりオイルが漏れだしていました。
現行片側だけですが、その内もう片側もなるかもしれません。そうすると、ブレーキディスクにいくなどしたら超危険です。
早めにショックのオーバーホールをしないといけません。
これは自分でしないので、バイク屋に預けることになると思いますが、せっかくなので、駆動系の消耗品を交換してもらおうかと考えています。



posted by YAMA at 00:17| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

CF46A(アドレスV125)に給油

CF46Aは購入から8年弱経過して、走行は24,000kmを突破!
少しずつ不具合が出ており、今ではセルモーターが回らない状態になっていますが、エンジンは一時の状態を超えて動いてくれています。

本日、普段行っているガソスタに給油に行ってみたところ、恒例の貼り紙があり、またまた3/15から値上げということでした。
どんだけ値上げになるんでしょう。
あまり燃料を食わないCF46Aでは気にならないのですが、FD3Sの方は大食らいなうえにハイオクなもので、懐に厳しいので気になるところです。

最初の頃は40km/l以上あった燃費も、今では35km/l台。
本日は35.5km/lでした。

リアタイヤの溝が無くなっているので、そろそろ交換の時期かと思います。
以前は2年持っていたリアタイヤ。前回交換は1年3か月前。

燃費共々無理しちゃってるでしょうか。(汗)


posted by YAMA at 21:20| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

CF46A(アドレスV125)のブレーキを強化せよ!

腰痛出現の中、作業開始ですが、粗方の事は7日に終わらせていました。

その作業内容は、
・ブレーキディスク(160mm→200mmフローティングタイプ)の交換
・ブレーキパッドの交換
・ブレーキキャリパーの掃除
でした。
これらは結構力の必要な作業。
終わってて良かったと思うのですが、よく考えてみると、これらの作業をしたから、腰のヒットポイントがマイナスになってしまっていたとも取れます。(笑)

さて、7日の作業の際に、ブレーキディスク径が大きくなった為に、キャリパー本体がタイヤに接触してディスクを挟み込むことができなくなっていた時点で作業を終了していました。
この対策を考えた結果、タイヤのエアを抜いて、タイヤ側に遊びを作ってみようということになりました。

早速タイヤのエアを抜いてみると、あんまりタイヤはぐにょりません。
ようく考えると、スクーターとはいえ、結構しっかりしてるんですよタイヤ。
これはと思いながら、タイヤをゆすりながらキャリパーを入れていくと、なんとか入ってくれました。
というわけで、無事キャリパーの固定完了。

次に、購入来交換をしてなかったブレーキフルードの交換。
YOU TUBEで予習をしておきました。
そのかいあってか、順調に作業は進み、あっと言う間に終わりました。
なんでも、フルードを1リットル使い切ってしまう人もいたりするので、今回その半分以下で終わっていますし、あまりにもあっさり終わって、自分でもびっくりです。

交換後、感触を確認するのと、少し当たりを付けるのに試走をしてみました。
今回あまりメジャーでないパッドを入れてしまってますが、フィーリングはさして悪くはありません。
当たりがしっかりと付いて来た時にどうなるかですね。
これで、明日からの通勤に使うことができます。(ホッ)

P.S.ブレーキディスクをフローティングタイプの物にしてみましたが、ディスク裏面の固定ピンに出っ張りが大きく、さらには、パッドとのクリアランスがあまりないことから、これまでのようにパッドを使い切ってしまうような交換スパンでは、このピンに接触してしまいそうです。
早めにパッド交換をしないといけません。


posted by YAMA at 21:09| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

CF46A(アドレスV125)チャラチャラしてる?!

仕事からの帰り。
アクセルをふかして、エンジンの回転がアイドリングに戻る直前に、

チャラチャラチャラ...

こんな音がするようになっていました。
社外マフラーなので、これまでもいくつかトラブルを経験しましたが、以前もっとチャラチャラいてた時はパイプ内のインナーサイレンサーの固定ビスが取れ、パイプ内で踊っていたということがありましたが、どうもそれとは違うようです。

気にはなりましたが、なにもやりようがないのでそのまま帰宅。
自宅でじっくり確認をしてみると、原因はやっぱりマフラー関連でした。
マフラーを固定しているステーがあるのですが、これが1個のビスでの固定になっています。
この1個が緩んでしまい、間に挟んであるワッシャーが動いてこの音を出していたようです。

そういえば、以前にもすっかり緩んでしまっていたことがあったように思います。
その時は定期的に増し締めをしていかないとと思っていたのに、すっかり放置していたのでこのざまです。

機械でも、時々面倒をみないと、ダダをこねますよ。



暗闇の中、懐中電灯の光を頼りに工具を探し、締め込み作業をしましたとさ。




posted by YAMA at 21:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

CF46A(アドレスV125) 最近の燃費

セルが動かなくなって久しいCF46A。
始動はいつもキックですが、わりとすんなり始動してきます。

最近帰宅が遅かったので、道路が空いていることもあって、アクセルの開度が大きくなることが多く、本日の給油後の燃費では、約37.5km/lと落ち気味です。
でも、逆にあれだけ開けて、さらにはマフラーもトルク低下を招く社外品でありながら、これ程走ってくれたら十分だなと思っている次第です。


P.S.いつものガソスタでの給油。そうしたらお達しの貼り紙があり、29日から値上がりだそうな。GB3(フリード)に給油は、スタンプ2倍の明日を予定してます。


posted by YAMA at 23:10| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

CF46A(アドレスV125)沈黙スターターは何故沈黙しているのか

台風前ですが、天気は一応晴れです。
昨晩は結構雨が降ったので、今日は雨かと思ってましたが、晴れてくれました。
しかし晴れるとめちゃくちゃ暑い!
もう10月ですよ。
ゆうに気温30℃オーバーなんて。

まま、そんな中で、柵の作業はもろもろあって進めることができないので、CF46Aのスターター関係の電装系をチェックしてみることにしました。
これ、最初の症状はスターターボタンを押してもリレー部で「カチッ」と音がするだけでセルモーターが回らないことが時々起こっていました。
元々バッテリーのせいかと思っていたら、どうやらそうではなかったようで、今では全くセルモーターが回ることは無くなってしまいました。

そこでいつか何が原因なのかを探ってみようと、電装系に強くはないのですが、ネット上の情報で確認しつつ、テスターを使用しての確認です。
スターターのスイッチボタン部分の接触不良で動かないパターンもあるようですが、リレーから音がしているので、それは原因じゃないだろうとの判断。
最終的に、セルモーターに電気が流れているかどうかのチェックをしてみようということで、モーターへの配線部分にアクセスします。
その為には、メットインのボックスを外す必要があります。
めんどくさいと思いながらも外して、端子を確認しテスターを当てて、スターターボタンをプッシュ!です。

テスターの表示は0Vのまま。何も変わりません。
どうやら電気がモーターにまで流れていません。

この結果から、リレーそのものに問題があるのではと思われますが、ようく考えるとセルモーターへの直結を試してないので何ともいえません。
セルモーターは長らく使用していると、内部が恐ろしいことになるらしく、やっぱり一回外してみないといけないのかもしれません。

まだまだ先は長いです。
お店に預ければ早いしめんどくさくなあいとは思うんですけどね。



posted by YAMA at 17:29| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

CF46A(アドレスV125) チャラチャラ音がするのは何?

今日のことではなかったりしますが、仕事からの帰りに、ガードレールとか、車の横とか、自分のバイクの音が反射してよく聞こえる時に、何だか変な音が混じっているように感じていました。

マフラーを社外品に交換してて、これがなかなかの爆音なのですが、それにもまして変な音が聞こえるんです。

そんなことで、帰宅して様子を探ってみると、原因はその社外マフラーにありました。
サイレンサー部分を車体に固定する場所が1箇所だけなのですが、その部分のビスが緩んでいて、座金が動いて振動でチャラチャラ音が出ていました。
締め込んで対応は終了しましたが、なんだか振動が多くて、また緩みそうだし、メーター周りのカウルもビビッてます。

納車から8年..。

まだ頑張って貰いますよ。


posted by YAMA at 23:28| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

CF46A(アドレスV125)突然のエンジンストール

仕事の休みをもらっていた関係で、4日間振りの出勤で、CF46Aを動かします。
最近ではセルモーターが動かなくなってしまっているので、キックでエンジンスタートをしていました。
本日のエンジン始動はキック一発!でした。

それでいつものようにスタートしたのですが、大きな道路に出る際に一旦停止したところ、エンジンがストールしてしまいました。

そこで、再始動を試みますが、最初は全くエンジンが動く気配がありませんし、キックするのに、圧縮が抜けているかのような感覚もあります。
メインスイッチを切るなどのことを繰り返しながらキックを続けていきました。
本当に動く気配がなかったので、かなり焦って、もし再始動しなかったらどうやって行こうかということが頭の中をよぎりました。
とにかくキックを繰り返した結果、徐々にエンジンが動こうとする感じ、「ブルッ」だったのが、「ブルルルルッ」というふうな状況が見えだしました。

最終的に20回以上のキックで無事エンジンの再始動ができましたが、再始動当初アイドリングがあ不安定だったので、またストールするのではという不安があって、停車時はアクセルを少し開け気味にするで対応している内に、アイドリングも安定し、その後はストールすることもありませんでしたし、次の再始動も問題はありませんでした。


4日間動かさなかったことの影響か、プラグが被ったのか、はたまたカーボンがバルブに一時的に挟まったか、その原因は分かりませんが、今後に不安を残しました。


posted by YAMA at 21:37| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

CF46A(アドレスV125)テールランプを交換せよ! ファイナル

テールランプ&ストップランプ用のバルブが調達できたので、夕方のちょっとできた時間でテールランプユニットの交換をすることにしました。

テールランプユニットの交換では、リア部分のカウリングを外す必要があり、その際には、シートやらメットイン部分も外す必要があります。
リア周りのカウリングは何回か外したことがあるのである程度慣れてはいます。
さっさと外していきました。

一応新しく用意した中古テールランプユニットのハーネスを車体のハーネスと接続し点灯確認をします。
元々はクリアレンズでは無いのですが、調達したのは、クリアレンズで、バルブもウインカー部分は付いてきました。
そんなことでの確認でしたが、いずれも問題無く点灯したので、本装着に入ります。

メットイン部分の装着時に、ちょっとした確認ミスで3度程装着し直す結果になってしまいましたが、普段綺麗にできない部分を綺麗にすることもできて終了です。

そして、完成すれば撮影するとしていた画像をすっかり撮影し忘れてしまいました。(汗)
明日にでも撮影してみます。

adoress16080701.jpg
画像を追加してみました。アップ過ぎて..。テールランプ点灯中です。(2016.8.7)
posted by YAMA at 22:44| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

CF46A(アドレスV125)テールランプを交換せよ! パート2

実際の大半は昨日の作業だったのですが、本日は取り付けに向けてバルブを塗装しようと作業に入りました。

昨日は残りウインカーレンズにフィルムを貼ったというところで、今日はテールランプのバルブだけ元々の物になかったので、以前に買ってあった、バルブに塗装できる塗料を使おうと、バイクに付いているバルブを外しました。

で、塗装をしようと、塗料の蓋にセットされている刷毛を容器から出したところ、なんか固いような..。
この塗料買ったのは10年以上前..。(汗)
当然固まってしまってました。

というわけで塗装できず、新たにバルブを購入することにしました。
おとついに買いに行ってはいたんですけどね。
思う物が無くて購入せずに塗装でいいやとなった結果がこれです。(笑)


posted by YAMA at 22:47| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

CF46A(アドレスV125) テールランプを交換せよ!

現在通勤で活躍中のCF46A。
セルは回らなくなってしまったものの、プラグ交換後は快調にエンジンは動いてくれています。
8年選手でありながら、やはり規制前の物はそれ後の物よりパワーがあるようで、特に坂道ではその違いがはっきりします。

さて、私のCF46Aのテールランプは一部レンズやユニットそのものの固定部が割れているなどあって、中古でいいから交換したいと思っていました。
そうしたところ、いつもの某オクでクリアレンズになった純正物で安価と思われる物を発見。
LEDの物は前回の物でハーネスが燃えるということがあり懲りてしまったので、これこれと思いポチっとすると落札でき、その品が届きました。

本体のレンズ固定部分に少し割れあるものの、肝心の固定部は元気です。
レンズは傷は多くはありませんが、クリアが変色の為少しだけくすんで茶色っぽく見えます。
というわけで、フィルムを一部貼ることにしました。
GB3(フリード)の社外ヘッドライトに貼った物の残りを使用で、ライトスモークな感じになります。

ウインカーレンズはやや曲がりが強いので、私の技術ではしわ無く綺麗に貼ることができそうになかったので、目立たないところで少しカットしてしまいました。
まだ仕上がってないのですが、新しい物好きの私、早く装着したいなとソワソワしているところです。

P.S.相変わらず画像がありませんが、ちょい加工が終わればアップ予定です。


posted by YAMA at 00:19| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

CF46A(アドレスV125)エンジンオイル&オイルエレメント交換真っ黒編

車通勤で乗ってなかった頃にエンジンオイルの交換をしていたCF46A。
前回から走行1,000km、2年以上経過してのエンジンオイル&オイルエレメントの交換となりました。

まず、オイル受けを置けるよう、さらにはドレンボルトの位置が確認し易くなるように、スタンドとフロントタイヤに角材をかませて高さを稼ぎます。
そして、どれも一緒ですが、エンジンオイルを抜きます。
このドレンボルトは14のソケットが使えます。

出てきたオイルはというと、恐ろしい程真っ黒!!
先に作業をしていた5,000km近く走行のBG3のよりも明らかに黒く、その黒さが違います。
よくこれで走行していたものです。

次に、オイルエレメントを交換するのに、側面にあるエレメントの入っている個所の蓋を開けます。
当然ここからもオイルが出てくるので注意です。
そして、これまた当然のようにエレメントもフィルター部分が真っ黒です。
中にOリングがあるのですが、今回も再使用してみます。
でも、蓋にあるOリングは交換しました。
なんと中途半端な。
新しいエレメントを挿入して、蓋を閉めます。

新しいエンジンオイルは、SUZUKI用.. のではなくて訳の分からないとこの一応化学合成の物で粘土だけは10W−40と指定の物に合わせています。
950mlが規定量ですが、おおむねって感じで注入した為、ちょっと入り過ぎた感じはありますが、空冷なので量は少な目より多目の方が良いでしょう。あまりな入れ過ぎは問題でしょうけど。

それにしても酷い物をみたので、エンジンオイルの観察をしかとしていくようにしましょう。


posted by YAMA at 00:19| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする