2017年05月13日

DAVID BOWIEのレコードゲット!!

今年の1月8日のデヴィッド・ボウイの誕生日から4月9日まで東京で開催されていたデヴィッド・ボウイ大回顧展”DAVID BOWIE is”の会場でのみ購入できた、12インチシングルのレコードが限定で再販されました。

どれだけ枚数があるのかわからなかったので、発売開始の5月12日12:00早々に購入手続きをして無事ゲットできました。
収録曲は★(ブラックスター)、ラザルス(ラジオ・エディット)、アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ(ラジオ・エディット) の3曲です。

購入できたのはいいのですが、自分のところにやってきても針を落とすことができそうにありません。


で、晩方にまだあるのかなと確認してみると、すでに売り切れ状態となっていました。

2枚買えば良かったかな..。


posted by YAMA at 00:05| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

DAVID BOWIE一周忌

昨年の同じ日。
そのニュースは突然驚きと悲しみをもってもたらされました。
奇しくも、1月8日の誕生日にニューアルバム”★”をリリースしたばかり。
その喜びもつかの間のこのニュース..。

そう、DABID BOWIEの訃報でした。

今もそうですが、その死の詳細は恐らくは親い方々しか知らない事になっていると思いますが、あまりにも情報が少なくて、一時はデマかと思っていました。
とはいえ、公式な子どもや奥様からの発表で真実であると認めざるをえなくなりました。

1年..。

でもまだこの世に存在している感覚に陥ることがあります。
残されたたくさんの映像や画像、作品達があるからでしょうか。

15895130_1913973835497523_6924799764356204899_n.png

DAVID BOWIE is


posted by YAMA at 21:15| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

大回顧展”DAVID BOWIE is”スタート!!

デヴィッド・ボウイの誕生日にあたる今日1月8日。ついに始まりました。
アジアでは唯一日本だけで開催されるこの回顧展は、世界を回って多くの人を楽しませてくれています。

東京で開催されているので、すぐに見に行くにはなりませんが、評判が高いだけに見に行ってみたいものですが、諸事情あり難しいんです。

ただ、今回を逃せばということもありますし、この会場でしか販売されていないグッズもあるようで、それを考えると『行きたい!!』気持ちが大きくなってます。

3か月間だけなので、どうなるかな..。


posted by YAMA at 23:00| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

悲しい1年

何が悲しいのか..。

そうです。
今日スマホを自宅に忘れてしまいそのニュースに触れるのが遅くなってしまいました。
帰宅したとたん、ろ〜るきゃべつからもたらされたそのニュースはジョージ・マイケル氏死亡ということでした。

私が洋楽をよく聴いていた1980年代。
ワム!というデュオの1人で、僕は好きで聴いていました。

ソロになってからはあまり聴いたとはいえませんが、好きなアーティストの1人であったことには変わりがありません。

今でもクリスマスになると流れる”ラスト・クリスマス”は日本でももう定番ソングですが、そんなクリスマスの翌日に亡くなるとは何か因果を感じます。


こういったニュースは聞きたくないし信じたくはないのですが、スターであれ人間です。
いずれその時はやってきます。
でも、ジョージに関してはあ早過ぎです。

ご冥福をおお祈りいたします。


posted by YAMA at 23:48| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

GALAXY/BUCK−TICK

某スマホと同じ名称ですが、そうではなくて、長らく活動を続けているBUCK−TICKの曲のタイトルです。

ちょっと前は”Alice In Wonder Underground”にはまっていた私ですが、今はこちらです。

いつもPVを見ながら聞くのですが、めちゃくちゃかっこよくて、さらに歌詞が凄く前向きというか、未来に向かって進んでいくんだというような所が、曲調と共に元気を貰えるんです。

ということで、DAVID BOWIEの”★”と共に、毎日聴いている状況です。
あまりに聴くもので、”★”もそうですが歌詞を覚えることができました。V(^_^)

posted by YAMA at 23:31| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

LAZARUS(ラザルス)

やったぁー!!

て、感じです。

SONY MUSICのDAVID BOWIEのページのインフォメーションで発見しました。
生前に音楽を手がけていた舞台”LAZARUS”の曲がアルバムとしてまとめられて10月21日に発売されるようですが、初回盤に最後のスタジオ録音の音源3曲が入っているらしいのです。

sicp-31020.jpg

小林克也さんの番組で見て知った、アルバム”★”で発表されていた曲以外に録音されていた曲達がいよいよ聴けるということです。
これを知った時、出てくるかなどうかなと、半ば諦めてはいたのですが、こんな形で出てくるとは..。

私はどんな形であれ、聴けるのであれば買いますよ!!
と、早速予約をしました。

そういえば、DAVID BOWIEがらみでは、世界を回ってきた”DAVID BOWIE is”が来年来るとか、映画”THE MAN FELL THE EARTH(地球に落ちてきた男)”が再上映されていたりとか、結構動きがあります。
今後にさらに期待ですが、個人的には”THE NEXT DAY”や”★”の映像類をまとめたディスクを発売してもらえないかと願っているところです。

posted by YAMA at 20:50| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

久々にレコードで音楽鑑賞

レコードプレイヤーのある所での作業があったので、久々にレコードを引っ張り出して80年代洋楽をプレイしてみました。

QUEEN(戦慄の女王)/クイーン

MEN AND WOMEN/シンプリー・レッド

DREAM INTO ACTION/ハワード・ジョーンズ

と聴きました。
以前はとても神経を使ってとっていたレコード盤上の埃、一応掃除はしてからかけますが、聴いてる分には全然気にならず普通に聴けます。
まあ、私が鈍感というのもあるでしょうけど、今回聴いた物とは別ですが、CDで所有していない物もあるので、時々は今日みたいな時間を持ちたいものです。

やっぱり80年代音楽は体に入っているというか染み込んでいるというか、聴くと落ち着きます。
それがレコードなら温かい音のはず!
私にとっては超癒しになってます。



posted by YAMA at 12:31| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

ボウイ関連物の爆買!!

ボウイが★になって1ヶ月が経過しました。
未だに、あのニュースは本当なの?って、特にビデオを見ていると感じてしまうのですが、それこそ”★”は毎日聴いたり、観たりしないと気が済まない状況が続いています。

やはりというかなんというか、亡くなってから、追悼番組があってみたり、さらには雑誌も幾つか出てくるもので、気が付くところは欲しくて買ってしまい、この1ヶ月でアルバムを含めて結構買ったなと、自分にすれば、まさに爆買い状態です。
db16021301.jpg

でも、一番知りたいのはファンならみんなそうなんでしょうけど、アルバム”★”が制作されている時に、ボウイがどんな状態で、またどんな考えで進めていたのかということ。
現場の人は実際に話をしているのでしょうけど、そんな話はほとんど出てきていませんし、あったとしても憶測の記事が多数です。
でも、そのところが晩年のボウイらしいというか、美学というか、最後までスターだったんだと思えます。
posted by YAMA at 22:21| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

追悼番組の中のDAVID BOWIE

色々なチャンネルでそんなに数は多くありませんが、デヴィッド・ボウイ追悼の番組をやっていて、逐一録画してみました。

ミュージック・ビデオも当然あるわけですが、最新作のも2作だけ流されていたりするもので、特に観てしまってます。
中でも、遺作である最新作のタイトル曲”★(ブラック・スター)”が、曲と共にとても気になっていて、やはり、自身の死期を知ったうえでの製作ではないかと考えると、フレディー・マーキュリーの時もそうなのですが、凄く複雑な気持ちになります。
ただ、先にYOU TUBEの配信で見ていた時は、まさか亡くなるとは思ってなかったので、そういう先入観なしに観ており、複雑なというよりも、難解なビデオだなって思いながら観たように思います。

とはいえ、ビデオの中では、死期が近いとは全く感じさせないボウイの姿に、その死が未だに本当なのかな?と思えてしまう自分がいます。
それ程このアルバムに力を注いだのではないかと思え、このアルバムが出来上がるまでの背景などもより知ることができたらと願いつつ、これから出てくるであろう、色々な雑誌や映像などあらゆる物を見ていこうとしています。

”★”は9分以上もある長い曲なのですが、曲、声、映像全てがとても美しい作品になていて何度も聞きたいし、映像もみたいという状況になっています。
歌詞の内容はやはり理解できない私ですが、今はこの曲の一部が映像、音声共に頭の中でループしています。

posted by YAMA at 00:15| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

DAVID BOWIE ☆に...

成人の日の今日、研修があり戻ると、それはろ〜るきゃべつからもたらされました。



「デヴィッド・ボウイが癌で亡くなった。」




「えっ!!」




1月8日に69歳の誕生日を迎えると共に、ニューアルバムが発売されたというのに...。

当然嘘であって欲しいと思い、ボウイのフェイスブックなどを確認しました。
悲しいですが、現実なようです。
フェイスブックのボウイの1月10日に死亡を知らせる記事に、”いいね”が結構されていましたが、この”いいね”って何?
家族に囲まれて、みんなに看取られて亡くなったから?

押せませんよ!!
”いいね”している意味が分かりません。

死は誰にもいつかは来るものですが、早過ぎです。
もっともっと、ボウイが描く新しい世界を見せて欲しかったのに、それもかなわない夢になりました。(悲)

遺作”★(Blackstar)”はもとより、遺されている作品を大切につないでいきたいと思います。
dbalb16011101.jpg

デヴィッド・ボウイさんの実体は無くなっても、精神は作品と共に永遠です。

安らかに..。


posted by YAMA at 21:37| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

★/DAVID BOWIE

これがアルバムのタイトル”ブラックスター”なのですが、ジャケットには★の記号しかありません。
そして、ジャケットの裏面は黒色なのに、黒色で文字がプリントされていて、違いは艶有り無しで、光の当て方でなんとか読み取れるという、一見いじわる(何かの意図があるとは思いますが)かと思われる物になっています。

デビッド・ボウイの69歳の誕生日が昨日の1月8日で、この日が発売日だったのですが、本日別件もあった為、我慢して本日購入してきました。

このアルバム、曲数がこれまでのものより格段に少ないのですが、1曲1曲が長いのかもしれません。
そしてなんといっても、前回の”ザ・ネクスト・デイ”のどことなく以前の曲がモチーフにあってみたり、とりこんでみたりといったものとは全く違った物になっています。
まだ、聞き込んだというところまではきてませんが、個人的には前作が好きかなと思えます。
しかし、今回のような変容は、これまでのデビッド・ボウイに見られたもので、病気をした後のブランクはどこへやら、未だボウイはボウイという姿を垣間見た感じです。

ライナーノーツを読むと、昨年末からデビッド・ボウイ作のミュージカルがあり、デビッド・ボウイ主演映画”地球に落ちてきた男”の主人公ニュートンの流れがあるらしいのですが、本作品でもそれにつながる物のようです。

と言われても、映画を見てはいるものの、音楽面でそのつながりってさっぱりわかってません。
デビッド・ボウイの歌詞はとても難しいと感じています。
いろいろな作品からインスパイアされ、頭の中に描く世界。
私はなかなか理解することができてないというのが本当のところです。

posted by YAMA at 21:35| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

託されたMD 第2弾

仕事場の前回と同じ人からまたまたMDを預かってしまいました。
どうやらMDに録音し貯めた物の整理をし始めた中で、曲のタイトルなどがわからないものができているようです。

で、今回は12曲ある中で曲名が判明していたのが4曲。

聴いてみると、女性ボーカルのものだけ3曲が、聴いたことはあるけどタイトルなどが浮かんでこないものでした。
なんだかくやしい感じがあったので、色々と検索をかけてみると、ありましたありました。
3曲中2曲が判明。
ちなみにこの2曲は

君の瞳に恋してる/ボーイズ・タウン・ギャング
セイ・ドント・ノウ/トレイシー・ウルマン

でした。
特に”君の瞳に恋してる”はカバーしている人も多いし、日本でも色々な場面で使われた曲だったので、分からなくてモヤモヤしてましたが、売れた当時が自分が洋楽を聴き始めた頃より少し早かったので、こんなことかなと思いました。

1曲は低い声の女性ボーカルですが、曲にもあまり聴き覚えがなく、「さっぱりわからない(湯川教授風)」です。

これで返しましょう。

posted by YAMA at 23:02| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

THE POWER STATION

ちょっとできた待ち時間に近くの中古販売のお店に入ってCDを探していて見つけました。
新品に近い状態のこのアルバムのCD。
半額以下でゲットしました。

パワー・ステーションのこのアルバムで”ゲット・イット・オン”を知り、これがT−REXの作品ということを知ることになりました。
この曲を聞き比べると、オリジナルよりもこのアルバムのものがかなりパワフルなサウンドになっていることがわかります。
個人的にはこのアルバムの方が好みではあります。

久々に楽しんでみましょう。


posted by YAMA at 21:52| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

託されたMD

音楽はメモリにダウンロードして聴く今、プレイヤーに出し入れして聴く媒体なんてと思うかもしれません。
私はどちらかといえば、好きなアーティストのアルバムはデータのみではなくて、きちんと製作されたジャケットの付いた媒体で持っていたい方なので、CDを購入することもあります。
ちなみに、この1月8日にはデビッド・ボウイの新しいアルバムが発売されるので、すでにCDを予約をして待っている状況です。

さて、その昔アルバムがレコードで売られていた時代、ラジオのエアーチェックとして録音するのにカセットテープを使っていましたが、それがCDの時代になると、CDのちっちゃい版みたいな円盤がケース収められたMD(ミニディスク)がカセットテープに代わって出てきました。

メモリの時代になった今、いずれも製造が終了となっている訳ですが、そんな時に、仕事場の人が話している中で、カセットテープに録音してある曲のタイトルが分からないということを聞きました。
年代的には80年代半ばの物だそうで、その時の洋楽が収められているようです。
ほかに歌っている人が分からないという曲の事も聞いて、こちらはすぐに分かったもので教えてあげたら、もしかしてこのタイトルが分からないのも分かるのでは?と、その人の自宅コンポでカセットテープからMDにダビングしてもらい聴いてみることになりました。

我が家の古いコンポでは、CDプレイヤーもカセットデッキも壊れてしまい、MDだけがなんとか聴ける状況だったので、MDにダビングしてもらった訳です。

再生をしてみると、聴き慣れた曲が流れてきました。


ホール&オーツの”BIG BAM BOOM”でした。


自分で分かるかもと言っておきながらちょっとヒヤヒヤしていたのですが、明日は大きな顔をして返却することができます。(ホッ)


posted by YAMA at 23:53| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

Blackstar/DAVID BOWIEを予約する

”イオン”で買い物。
クリスマスジーズンはもとより、今日もどちらかといえば人が多かったような気がします。

本来は取り寄せをお願いしていた正月用品が届いたということで、引き取りに来たのですが、ほかにモロモロ買い物を..。
ここに来ると、ウインドウショッピングだけで終わらりません。

で、デビッド・ボウイのアルバムが発売される事が分かっていたので、ここにある”HMV”に行ってみると..。
当然ですが予約できるわけです。
予約時の特典で、ポスターが付いてくるらしいんです。
家に貼る所ないですが、何となく欲しいなと即予約すること決定!!

と、いうわけで、デビッド・ボウイの誕生日に発売されるアルバム”ブラックスター”の予約をしましたが、ここ”HMV”では、ポンタカードが使えるそうな。
ポンターカードで登録、ささっとパソコンで手続きをしてくれたわけですが、対応してくれたお兄さん。
予約時に、

「このバージョンでいいですか?」

と聞くもので、

「何がありますか?」

と聞き返すと、

「そうですね。ありませんね。」

ガクッ

なんじゃそりゃ。
無いのに確認したの?
やっぱり初回限定版とかあったらそちらにしたいので、聞き返してしまいました。
まま、いいですけど。

2016年1月8日が発売日ですが、予約であれば1月7日の遅い時間には受け取りができるようです。
ちなみに、予約分は発売日から1週間以内に受け取りにいかないとないそうな。
ポスターもらいましょ。


posted by YAMA at 22:08| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

最近の音楽マイブーム 新宝島

その時々で、凄く気になる音楽ってあるもんで、気になりだすと、フトした拍子に頭の中でリフレインされていたり、場合によっては無意識に口ずさんでいたりします。

そして、その気になる曲というのも、時期時期で変わるんですね。
それまで何度も聞いていた曲も気が付けば全く聞いてなかったり。

で、今凄く気になっているのが、サカンクションの”新宝島”という曲です。
映画”バクマン”の主題歌で、この映画も観に行きました。

元々ろ〜るきゃべつがサカナクションにはまっていて、この映画を観たのもサカナクションが曲を担当していたからで、そうでなければ観に行ってないと思います。

で、PVも観ましたが、これは分かる人には分かる面白さ。
分からない人はドリフターズの分かる人に聞いてみましょう。

だから気になるという訳ではありません。
個人的には曲が自分の好きなものだったというのがあるのでしょう。
また、なんだか楽しくなる感じなんです。

ろ〜るきゃべつが車のHDDに入れたので、それをリピートしてます。

posted by YAMA at 23:34| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

LOVE YOU TILL TUESDAY/DAVID BOWIE

私が一番好きなアーティストとしてHPなどにも掲載している、デヴィッド・ボウイのスターになる前に発表されていた曲になります。

が、今日の話題はその曲だけのことでなく、以前から所有していたLDの1枚に、このタイトルのものがあり、当時のビデオクリップが収められています。
中でもスターになるきっかけの曲”スペイス・オディティ”のオリジナルビデオクリップが収められていて、これが見られることが、このLD購入のきっかけになりました。

というわけで、LDを見る為にはLDプレイヤーが必要なのですが、何度か中古屋で購入してきたものの、物が古いだけに、ちょっと使用しなくなると壊れてしまっていて、しばらくは所有していない状態が続いていました。
今回、某オクで安価にゲットでき、それが今日届いたもので、早速セッティングをして見てみたのがこのLDです。

現在のDVDやらBDに収められた画像からすると、かなり荒い状態ではありますが、それでもこの久々に貴重な映像を大画面で見られて、さらには、ライナーノーツを読んでみて感動しながら見て聴いてをしてました。


posted by YAMA at 21:54| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

アナログで聴く

今年の3月に我が家にやってきたレコードプレーヤー。
前回一応設置していたのですが、それから全く稼動せず、現在に至っています。
これはもったいない。
その原因の1つには、きちんとした設置ができてないことと、レコードの整理ができてないこと。
そんなことで、雨が降る不安定な天気で、外での作業を進ませることができないので、家の中でできることを、プチ模様替えと込みで、レコードプレーヤーをきちんと設置してみました。

レコードプレーヤーにもスピーカーがあって、それで聴くことはできるのですが、外部出力があるので、今は稼働率のほとんどない、古いコンポに接続しました。
スピーカーもこれまた古い”山水”の物。

はてはて、どんな音なの?と、あまり汚れていないし簡単に再生できるEP盤、通称”ドーナッツ盤”を再生してみます。

フィル・コリンズがプロデュースしたハワード・ジョーンズの曲、”悲しき願い”です。

音に疎い私ではありますが、なんとなく優しく温かい音。
こうなると、以前はできるだけ防ごうと努力した無音部分の”ブチブチ”ノイズも愛おしく感じます。

そのほか、何曲か聴いてみました。
もう、プレーヤーにレコードを載せる前の儀式から、途中の針を落とす動作まで、とにかくアナログなことばかりでかもし出される音に浸ることができました。

posted by YAMA at 23:53| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

今度はリマール?!

YOU TUBEで、好きなアーティストを流していると、時々思いもかけない曲が流れることもありますし、色々と並ぶこんなのもありますよ候補の中を見て、それがあったかというようなこともあります。

そんな中にリマールの”The NeverEnding Story:ネバーエンディング・ストーリーのテーマ”があった訳です。
これは同名映画の主題歌だったと思いますが、こちらもこちらですが、今回どういうわけかこちらよりもリマールの曲で気になる曲がほかにあって、かすかな記憶をたどって検索してみると見事にそれらしい曲に行き当たりました。

”Love In Your Eyes:瞳ときめいて”

ポチっと再生をしてみると、「そうそうこれ!」って感じで、懐かしい曲が聴こえてきました。
リマールの声に合ってると思える曲なんですよね、これ。
検索してみても、この曲のことってあまり掲載されている物がなくて、これこそ本当にかすかな記憶なのですが、当時車のCMに使われていたと思うのですがどうだったでしょうか。

ということで、この曲を久々に聴いてから、頭の中でループするようになってしまいました。
時々あるんですよね。こういうことが。
まあ、誰にもあることかもしれませんが..。

P.S. PVを見てみたら、見た記憶があるようなないような。サングラスをはずすと目の色が青だったり黄色だったりする所がめちゃくちゃ印象的で、独特のターンする様子がなんとも言えず、さらに終わりは後進しながら煙の中に消えるという、シンプルさが際立った物でした。

P.S.2 リマールは最近も歌っているようですが、やっぱりネバーエンディング・ストーリーなうえに、ちょっと外して歌うなどしていました。やっぱり老けておじさんに。そして今更ですが、背が思いのほか低い感じでした。

posted by YAMA at 22:57| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

アナログなプレイヤー

player15033001.jpg
やってきました、懐かしいレコードプレイヤー、またの名をターンテーブルというようです。
商品名はMAX LPです。

現在のレコードプレイヤーはUSBインターフェースを備え、物によっては本体のみでデジタル変換もできるようになっているようですが、我が家の機種はPCが必要です。
本体にスピーカーを備えているので、アンプ&スピーカーが無くてもレコードを楽しむことができるのが1つの特徴でもあります。
イヤホンジャックもあるので、ヘッドホンヤイヤホンを接続して楽しむこともできます。

早速真新しい、サカナクションのLPをアンプ接続して聴いてみました。
これまた懐かしいパチパチ音が時々聴こえながら、優しい耳触りの音で1曲を聴き終えました。
違いの分からない私ですが、なんとなく違うという印象。

ただ、以前一生懸命、スプレーしてクリーナーで拭いてクリアな音を出す努力をしながら聴いていた時を思い出し、またレコードがグルグル回っている様子や針が動いていく様子を見て、一時タイムスリップしてました。

なんとなく楽しい感じです。


posted by YAMA at 21:42| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする