2010年06月04日

どういうわけか実るイチゴ

最終のイチゴ関連記事は1年以上前のことで、無くなってしまった?って感じですが、今も生きています。

昨年できたランナーを植えなおして見事に再生しています。

昨年から今年にかけては、家の中にいれずに、外で霜に当たらないようにしながら、暖房の無いビニールハウスで過ごさせました。
その間はそれなりにですが、春になり気温が上がってきたらドンドンと葉を茂らせ、気がつけば実をつけるようにまでなってました。

肥料は与えていましたが、水やり以外はほぼ放置状態。

それでも、比較的普通サイズの実まで育ててくれるようになりました。

ただし、なんの庇うこともしていませんので、赤くなってきて食べごろと思われる実はほとんど虫に食われています。(苦笑)

虫にわけばがら、自分らも時々食べますが、甘さはたいしてありません。

ただ、イチゴって家の中でかまってあげると弱っていくのですが、ある程度厳しい環境にしてあげたほうが、強く育ってくれるような気がしてきました。

目的が甘い綺麗な実を付けるということならこれではダメなんでしょうけど、家はそこまでめざしていませんせんので、今後もこんな感じでいくことになるかと思います。

欲が出なければ...。

イチゴ実る
posted by YAMA at 23:15| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

元気なイチゴ

家の中にあった時は、だんだんと株が弱っていっていたイチゴですが、外が暖かくなってきたので、外へ出しっぱなしにしたら、見違えるほど元気になりました。

葉っぱが青々として、茎が太くなり、花まで咲くようになり、外でしっかりと受粉した花は、形の良い実になります。が、栄養不足でしょうね、大きな実にはなりませんし、甘みも全くありませんが、最近2個ばかし食べました。

そしてイチゴといえば、ランナーを出してくるので、それで株が増えていきます。

このランナーそれぞれを鉢に植えてあげて、しっかりと根付けば、これが来年向けの株になるわけです。

幾つの株が生き残ってくれるでしょうか。


P.S.若干の咳を残して、これまでの感冒様症状は治まってきました。声がかれることもなく、鼻の下が痛くなることもなく治ってきました。
市販の風邪薬は使いましたが。
posted by YAMA at 23:52| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

ジャンボなイチゴ

家で栽培しているイチゴにできたのならいいのですが、家のはドングリサイズのちびっこいのしかできません。

じゃあタイトルのジャンボなイチゴとは...


ジャンボイチゴ


今回は貰い物です。


以前懸賞で当選した”ひのしずく”(その時の記事 http://yamaksr.seesaa.net/article/84344212.html)も結構大きかったのですが、今回のはさらに大きくてびっくりです。

あまりの粒の大きさに圧倒されつつ、このイチゴにかぶりつくと、これが大きいから大味じゃあ無く、おいしいんです。
甘さがそこそこあって、ジューシー。
ただし、大きいので一度には1個で十分です。

聞くところによると、品種は分からないのですが、こちらのケーキなどを作っている業者に卸しているイチゴらしいです。

いいはずです。
posted by YAMA at 21:37| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

イチゴ製造中

自然に結実したイチゴが腐っていたという記事から、どういうわけか急に多くの花が咲き始め、いずれも人工的に受粉させて様子を見ています


このちょっと前に、今与えて正解かどうか分からないのですが、肥料をあげていたので、それがどのように影響しているか...。

で、人工授粉でできた実をすでに幾つか収穫しているところですが、いずれも小ぶりでいびつです。
あまりにも花を付けすぎたせいもあるかもしれませんが、基本的に人口受粉でできた実は綺麗にはできません。

それがどういうわけか、小ぶりながらも比較的綺麗にできた実がありました。
大きさを気にしなければ、きちんとしたイチゴの実でしょう?
イチゴの実

後の実の中でも同じ感じで綺麗にできてくれるのがあれば良いんですけどねぇ〜。

まだまだ楽しみなイチゴです。
posted by YAMA at 22:11| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

イチゴの2つの実とたくさんの花

イチゴの植えられたプランターが、まだ外にあった時に結実した実が2個。

今屋内にプランターがあるのですが、徐々にその実を赤くしていました。

その実の赤く成り方が、ちょっと遅いかなと思い、ふと実を見てみたところ、2個ともがそのままでは見えない裏側から徐々に腐ってきていました。

実は1個は一部虫に食われてしまっていたのですが、そこから腐ってきているようです。


でも、この実のダメな部分を切り取って、いい部分を食べてみたところ、確かにイチゴの味ですが、酸味が強めでした。


さて、イチゴの株には今たくさんの花が咲いています。
中には人口受粉させた花もあるので、また実を結ぼうとしているものもあります。
それがうまく実になってくれるのか、どこまで育ってくれるのか。
楽しみにしています。


なんとなく外にあった方が元気だと思われるイチゴ。
今が正しいのかどうか分かりませんが、肥料を加えておきました。
活力補給が必要だと思うので。
posted by YAMA at 22:27| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

放置のイチゴ

昨年の6月に、元気だという記事を書いて、それから全く触れてなかったイチゴですが、まだまだ健在です。

今晩から、全国的に寒気団が入り込んで、冷え込むということで、こちら高知でも積雪が予想されています。

そんなことで、放置もいいとこのイチゴも、流石に雪にあってはダメだろうと、今まで外にあったのを室内に入れました。

イチゴの実

現在のイチゴはライナーが根付いたもので、かなりしっかりとたくましく育っています。

そして、よく見ると、花もいくつか咲いています。
さらによく見ると葉っぱの下で実もできていました。
まだ緑色ではあるのですが、2個もありました。

以前室内にある時には、花が咲いても受粉させる虫がいないので、人工的に受粉をしていたのですが、これがあまり綺麗な実ができません。
やっぱり虫に受粉してもらった方が綺麗な実になります。
今あるのは外でできていた実なので、虫による受粉ということで、大きくはありませんが、綺麗な実ができています。

とはいえ、花がいくつかあるのに気が付いたので、一応人工的に受粉しておきました。

これで実が増えるでしょうか?


posted by YAMA at 23:39| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

本当に元気なイチゴ

貰った時は建物内で過保護に育てたせいか、虫にやられて瀕死の状況だったイチゴですが、外へ出して様子を見ていると、グングン元気になって、今やプランター一杯に育ってきました。

様子を見るといいながらも、ほぼ放置の状態なのですが、これが実もついて、今日も2個小さいながらも収穫できました。

本来、実が1回付いた株は、もうダメなようですが、それを捨てずに今に至ります。

それなりにおいしい実の採れる品種なのですが、あまやかし過ぎもいけないようですね。

これは子供も一緒です。
posted by YAMA at 23:55| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

イチゴとパン

昨日は、ブログに投稿するする前に、あまりの眠気の為に撃沈してしまいました。


我が家のイチゴは、すでに2年目を向かえ、ランナーで増やしたものではない、オリジナルの株なのですが、どういうわけかこの冬は虫が付く事もなく、我が家の土間で元気に育っています。

一応肥料もあげて、天気の良い日中は極力外へ出して日光を浴びさせてます。

その成果かどうかは分かりませんが、花が咲いて、実がついたりしてきました。
実の数は少ないし、お店で売ってるようなりっぱな実ではないのですが、熟れてきた都度収穫して食べてます。

その実を本日収穫。おそらくは明日の朝食にのぼるでしょう。

イチゴの株もそれなりにもつもんです。
YAMAの家イチゴ



さて、明日の朝食といえば、我が家はパン食なので、そのパンをろーるきゃべつが作りました。
YAMAの家パン
待ちきれない私は本日夕食後に早速食べましたが、ちょっとレンジで温めると、柔らかくふんわりして、おいしいのなんのって。
今日のは最近好きなチーズパン。
食後のコーヒーと一緒においしくいただきました。

あんがと。


P.S.職場には、この火曜日にロバパンや、その他のパン屋が売りに来ます。そのパン屋で3点程購入して食べましたが、これもおいしかったです。キャラメルなんとかパン。
どんだけ、夕食後にパン食ってんだか。(笑)
でも、おいしくて満足です。
posted by YAMA at 23:37| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

久々のいちご日記

おと年に最初のいちごの苗を貰って、昨年のと合わせていちごの為に2つのプランターがあります。

昨年はいくつかいちごを食べることができたのですが、今年の冬は全く持ってダメで、いちごはあきらめ、暖かくなると共に、外へ出してしまいました。

すると、家の中で葉虫が付いたりして、弱っていたいちごの株が、段々と元気になってくるじゃあないですか。
おまけに、なかなかつかなかった実もついて、甘いものではなかったのですが食べられたりもしました。

そのいちごに、ランナーがでてきました。何本も。
これでうまくいけば株が増えるかもしれません。

これまでが過保護すぎたのかもしれません。
今はワイルドに強く生きるようになったのかもしれません。

ちなみに、いちごはペチュニアを近くに置くと、ペチュニアが虫をよんで、受粉が綺麗にできるようです。
posted by YAMA at 22:28| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

増殖中のイチゴ

植物ネタが続きますが、今度はイチゴ。

我家のイチゴは今年の1月に我家にやってきました。
やって来た時のままプランターでそのまま育っています。

寒い時は家の中で育てていましたが、現在では外に出しています。
それが、寒い頃とはうって変わってすっかり元気になって、緑の濃い葉がしっかりと出て株がかなり元気な感じです。

そして、ランナーをどんどんと出してくるようになってきました。
1つはしっかりとポットに植えつけたのですが、それ以外にも何本か出ています。

あとはこれを上手く育てていけば、来年もまたイチゴを付けてくれるかもです。

甘いイチゴを食べているところを想像中。。。

おいしい!!
posted by YAMA at 20:35| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

今やただの草です

我家に来たイチゴは、最初こそ多くの実を付けてくれたものの、後の管理が悪く、ダニに侵されてしまい枯れる寸前までいってました。

途中殺虫剤をまくなどして枯れるところまではいかす、なんとか葉っぱの方も復活してきました。
でも、すでに、花を咲かせる時期でもなくただの草となってそのままになってます。

なんでもこの時期になってくると、イチゴの英語での呼び名ストローベリーのストロー=ライナーを出して株が増えていくようです。
まだその兆候は見られませんがどうなるうんでしょうか。

もし株が増えてきたとして、その株を維持できるのかといえば、それは無理かな。
また、このイチゴをくれたおじちゃんとこに聞かないといけません。
posted by YAMA at 20:57| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

復活してきました

1ヶ月程前に葉ダニにやられてしまって、葉の色が変色してしまいどんどん枯れていく状況にあったプランターのイチゴ。
葉の大半を失って瀕死の状況にありましたが、消毒や肥料のおかげで復活の兆しありです。

新しい葉が出て伸び、なおかつ花も今は一輪だけですが咲くようになりました。
まだまだ最盛期のような生き生きとした緑の葉が茂った状態ではありませんが、このまま葉ダニに注意しながら見ていけば、そこまでなるのもそんなに遠い事ではないかと思います。

が、イチゴの時期ってもう1ヶ月程度かと思われます。
そうなると新たな実を食べる事ができずに、次の時期に向けての準備になるのかもしれません。

これまでいくらか食べさせてもらったので、ゆっくりさせてあげる方がいいのかもしれません。
posted by YAMA at 21:19| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

イチゴの治療

全く元気が無くなってきていたイチゴですが、もともと我家に持ってきてくれた叔父さんとこへ持って行ってどんな事か見てもらいました。

そうしたら、どうやら葉ダニという虫が、葉っぱを結構広範囲に荒らしていたようです。
その為に葉の色が茶色っぽくなって、元気も無くなってきたらしいです。
現状ではもちろん新しい花が咲いて来るわけも無くただただ弱っていくだけでした。

実際にイチゴを栽培している所ではこの葉ダニがでないように、藁縄をおいてそこに駆除してくれるダニを住まわせて対向するようです。
が、うちのはそういうわけにもいかないので、消毒をしてくれました。
ただ、卵には効かないので、羽化した虫を退治をしていかないといけません。
仕上げには肥料を入れてくれて帰ってきました。

なかなか難しいですよね。
さてさて、これから元気になっていってくれるかは、自分らの手の掛けようで変わってきます。
posted by YAMA at 22:58| 高知 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

イチゴ ちょっとどうかな〜

やはりというかなんというか、イチゴの株その物に勢いが無くなってきました。
あまり手をかけられていないというのがその主な原因でしょう。

少し前から栄養剤、ようは肥料をあげないといけないと思いながら延ばし延ばしになってきてたんですよね。
それから、家に来てまもなくから、小さな虫がつぼみのとこに付くようになったんですね。
でも、薬を使うのではなくて、人の手で退治をしていくようにという事だったのですが、それもできていませんでした。

出来てくる実は小さく、葉っぱに張りが無く、全体的に弱々しいんですよね。
また、実を食べても甘みは少なく、かなり寂しい状況です。

叔父さんの話では5月頃まではもつとの事ですので、なんとかそれまで元気にいてもらえるよう、面倒をみていけたらと思うのですが、どうなるでしょうか。
頑張れ! イチゴ!!
posted by YAMA at 22:42| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

収穫

今朝、熟れていると思われるイチゴの実を何個か摘んで食卓に並べました。
赤みが少ないと思われたのですが、この赤さで、中が腐ったようになっている物があったりしたので、いいだろうという判断での収穫です。

食べてみると、最初に食べた時程甘くはなかったように思います。
温度、日照時間などが不足いているのでしょうか。
それとも、水が充分で株に危機感が無く、実に養分を貯めようとしてないのでしょうか。

まだ残っている実に期待したいところです。
posted by YAMA at 23:37| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

そろそろいい感じ

我家に来たイチゴのプランター。
相変わらず花も咲いて、実の方も着実に大きくなってきました。

itigo06012301.jpg

こちら側には2個しかありませんが、結構大きめの物が2個、赤くなりそろそろ食べられるかと思います。
これ以上赤くなるものかと思っていたのですが、中には置きすぎて腐りかけていた物があったので、おそらくこの辺りの赤さでOKかと思います。
この反対側にはもっとたくさんの花や実があって、順次大きくかつ赤くなりつつあります。

葉っぱの状況は相変わらずで、特に縁が赤くなってくる件に関してはそれ以上広がるという事もありません。

さてさて、これ程実を付けてくれているのですから、そろそろ株に栄養を与えてあげないといけないのじゃないかと思ってます。
叔父さんは土にかなり肥料を入れてあると言ってましたが、追肥は必要でしょうね。
今のところは快調です。
posted by YAMA at 23:22| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

結構赤くなってきました。

家のイチゴ、当初頂いた時からなっていた実がかなり赤くなってきました。
現在赤くなっている実が7個。
大小いろいろとありますが、これまで食べてみた感じからすると、その味がかなり期待できます。
さらに、花もたくさん咲いて、うまく受粉を続けられれば今後も実になってくれる事でしょう。

心配していた葉の縁が赤くなっているのは、どうやら葉っぱの寿命がらみのようです。
まだ、全体的に赤いのは無くてあってもい縁が少しだけの葉が少しです。
それからアブラムシも気が付いた時に駆除を続けています。

最近イチゴをくれた叔父さんが来たのでイチゴの様子を見てもらいましたが、問題は無いようでほっとしました。

とにかく食べられるのが楽しみです。
posted by YAMA at 22:27| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

おっとそんな事に!

イチゴの花周囲に付いている虫については、叔父さんに聞き無事解決。
規模が全然小さいので、楊枝で1つ1つ潰したらいいとの事。とはいえ、結構難儀だったりするんですけど..。
それでも、YAMA.Sが地道に駆除してました。

さて、問題は1名の方の訪問にあります。
まだ着替えさえしてないときだったのですが、チャイムが鳴りました。
最近いろいろとお付き合いをさせて頂いている方の訪問です。

イチゴは玄関先土間のアフリカのベッドの上に載っているのですが、このベッド上はちょっと話しの時には腰掛用のベンチになります。
そんな事で、その訪問者もベッドに座わりました。

ひとしきり話しをして帰られたのですが、ふとその方が座っていた付近を見ると、見慣れたものが1つ落ちています。
な、なんとそれはまだ熟していないイチゴ!!
当たっていたらしいです。結構大きくなっていたんですけど..。

とりあえず、そのまま熟す事ができるのか試してみます。

本日1個、固いものと接触していてその部分が柔らかくなっていたので、ある程度熟していた事もあって食べました。
熟しきってないかと思われたこの1個ですが、充分に甘みがありました。
他のも早く熟さないかなって思ってます。
posted by YAMA at 23:17| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

先の収穫以来..

我家のイチゴは赤くなりつつある実はあるのですが、まだまだ収穫できる状態ではなく、熟すのを待っている状況です。
花の方は幾つか開花したので、人工的に受粉をしています。
自分達の受粉のさせ方で大丈夫なのかどうかそういう不安はありますが、出来る事をするだけです。

最近花の周囲にみょうに黒い点々があるのを発見してようく見るとどうやらアブラムシらしき生き物のようです。
家の中なのに最初から付いてきたものかそれとも...
これも養分取られてよくないんじゃないでしょうか?

葉などはそれなりに元気はありそうですが、寒さの影響が少し出ているようにも思います。
葉の端が赤くなっている物があります。

さてさて、今後の実の熟した方、花のつき方、肝心の株の体力はどうなるのでしょうか。
posted by YAMA at 22:57| 高知 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

早くも心配事が..

イチゴのプランターは日当たりの良い所に置いてあるのですが、特に朝の冷え込みがきついのはどうしようもありません。
そのせいかどうかはっきりとしませんが、少しずつ葉の端が赤っぽくなってきたりしてます。
これが気温が寒い時になるような事らしいのですが、まだ少しなので、様子を見ていく必要があります。

それでも花が2個新たに咲きました。
ここで実にする為に受粉の作業になります。
自然界なら昆虫がするのですが、家の中にはそのような物はいないので、人間の手で受粉させます。
綿ですればいいと言われていたので、それ程フカフカではないのですが、綿棒でやることにしました。
しかし、これが本当に充分かどうかが分からないですね。
一応全般的に綿棒でなでてみましたがめしべには変化があるようには見えません。
また、やってみたいと思います。

現在赤くなってきつつある実が2個。
食べられるようになるでしょうか。
posted by YAMA at 23:13| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする