2018年07月19日

エアコンがブローした件

すでに3日前の話になりますが、我が家のリビングのエアコンが、起動時に「ボンッ」という破裂音と共に動作しなくなりました。

設置から13年。
年数的にもすでに寿命を迎えていたと思われるのに加え、リビングの空間的なこととエアコンの容量を考えると、かなり無理をしていたのは事実。

このクソ暑い時に壊れてしまったのは自分達にとって結構痛いのですが、まあ、よく頑張ってくれたというもんです。

ということで、今の時期エアコンが無いのは非常に危険なので、この事件が夕方に発生にしたのにもかかわらず、その足で電気屋に走りました。


電気屋で最初に声をかけてきたのが某メーカーの方。
色々と聞いたうえで、自分のメーカーの機種を勧めてきます。
エアコンメーカーにこだわりがないのと、下調べができてないのとで、電気代が安く済むよという声にほぼ決めかかっていましたが、実際の価格交渉をするのは電機屋のスタッフで、この人から聞くに、このメーカーさんのは壊れ易いと...。

結局、別のTVCMで聞くというか、以前からよく聞く名称の機種に決定しました。
流石に最上位機種は予算的に厳しかったので、ある程度妥協のできる範囲でのグレード。
でも、今回は容量的に余裕のあるタイプを選択したので、上位機種でなくてもお値段がそれなりになりました。

こんな状況でラッキーだったのは、本当か嘘かわかりませんが、そのスタッフさんが別の関係でたまたま私達が選択した機種の在庫や工事の日程を握っていたことから、当初工事予定を7月末と聞いていましたが1週間以上は早く工事ができる運びになり、ホッと胸をなでおろしました。


しかし予定外の出費に懐がかなり痛んでいます。

倹約しなければいけません。
posted by YAMA at 22:28| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: