2018年03月12日

囲炉裏のある生活153日目(’17この冬7回目)

昨日のことではありますが、この冬最後になるかもしれない囲炉裏への火入れをしました。

現在の家に移った最初の頃は、結構頻回にしていたのですが、ここ何年かは数える位しか火を入れなくなってしまいました。
やっぱり人間楽な方に行ってしまいます。
当然ですが囲炉裏は火を入れたらそれで終わりではなくて、炭の世話を定期的にしないといけません。
また、スイッチ1つでその機能を止められるものでなく、火消壺に炭を移す作業が必要です。
そして、柔らかい温もりは、寒さの厳しい時にはちょっと弱く感じてしまいがちです。

とまあ、モロモロありますが、煩わしくてもその手間が楽しくもあり、心の落ち着きを与えてくれもするものなので、できるだけ続けるつもりです。

今回はお餅1個だけ、焼いてみました。

posted by YAMA at 21:24| 高知 | Comment(0) | 囲炉裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: