2017年03月12日

新TVの3D機能をもっと良い環境で見る為に

新TVには3Dを見られる機能があるので、それで観ようとすると、音がせっかくあるサラウンドアンプから出せないもので、各機器の接続方法を変更しました。
これまで、サラウンドアンプとレコーダーとTVをそれぞれHDMIケーブルで接続していた訳ですが、これだと3Dソフトを再生しても機器が対応していないと言われてしまいます。
HDMIケーブルがハイスピードのタイプかが気になってましたがそこは問題なかったので、サラウンドアンプの問題のようです。
そこで、各機器のHDMIケーブルは新TVに直接接続して、TVからの音声出力が光でできるので、これをサラウンドアンプに入れることにしました。

接続のし直しをするのに、一旦設置した新TVを降ろさないといけないので、せっかくならともっとしっかりと設置する為の台を作成しておきました。この台のおかげでスピーカーを新TV下に設置することができます。

せっかくここまでするならと掃除もするわけですが、ゴルフ玉台の大きさの埃の玉がたくさんできてびっくりです。
接続のし直しについては、時間的に結構かかってしまいましたが、今回作成した台が思いのほか良い仕事をしてくれて、裏面すっきり掃除し易い感じで収まりました。

そして肝心の音の方はというと、無事3D映像でも、サラウンドアンプから迫力のある音の再生ができるようになりました。
今まで、コネクタの関係でサラウンドが出せなかった機器についてもサラウンドで再生できるようになりました。

大迫力そして快適です。


ラベル:4Kテレビ
posted by YAMA at 21:46| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック