2015年10月25日

水槽環境改善の為に

通常水換えの頻度は1回/週らしいのですが、これまで1回/2週でやってきていました。
ところが、水槽の中の状況がかんばしくなく、いよいよいけないと思い、先週に続き今週も水換えをしてみました。
これまでは2分の1量を交換していましたが、今回は3分の1量だけ交換してみました。

悪くなった要因としては、太陽が低くなり、日光が当たってしまう時間があることが上げられます。
まあ、元々夏場は、水温が30℃を超えてしまうという魚や水草にとって劣悪な環境。
熱帯魚といえども、26℃が過ごし易い温度なので、あまりにも高過ぎで、夏場に多くが死んでしまい、現在残っているがラミーノーズ5匹とヤマトヌマエビ6匹?のみ。
水草は消えてしまった物は無いのですが、一時的に勢力が弱まったものの、現在は盛り返してきている感じにはあります。

あまりにも寂しいので、新しい仲間を連れてきたいものですが、それはもうちょっと先にしようかと思ってます。

posted by YAMA at 20:23| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック