2012年10月31日

朝に大慌て

朝の日課の中に、熱帯魚への餌やりがあります。
今日も餌をあげて魚の様子を確認してから、ふと水温を見てみると、本来25℃位ないといけないのに、21℃しかありません。がく〜(落胆した顔)

もしやと思い、ヒーターのコントローラーの温度調整部分をいじってみても通電ランプが点灯しません。
この場合よくあるのが、ヒーターが壊れてしまっているということですが、これだけではまだコントローラーの故障も考えられるので、買っておいた新品のヒーターをセットして確認してみます。
すると、コントローラーの温度調整部分をいじると、きちんと通電ランプが点灯してきます。
ということで、ヒーターの故障ということで、ヒーターをとりあえず応急的に設置して事なきを得ました。わーい(嬉しい顔)

あんまり気温が下がってなかったことと、もしかすると壊れてあまり時間が経ってなかったのかもしれません。
水温が下がりきっての発見にならなかったので、魚への影響もほとんど無く対処できたのではないかと思います。

仕事から帰宅してきちんとヒーターの交換をしました。
コントローラーが壊れる場合もあるので、その時に備えておく必要があります。


posted by YAMA at 21:52| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック