2010年10月02日

骨董屋さん

壊れてしまい取れてしまった振り子時計の文字盤のカバー。
修理の為に、購入した骨董屋さんに時計を持って行きました。


時々行ってはいたのですが、今回は2年ほど空いてしまいましたが、店主さんは覚えていてくれました。

そして、カバーが外れた件を伝えると、すぐに直すことができると作業に取り掛かってくれました。

カバーの枠は真鍮製で、固定はやはり半田。

古い半田を取って綺麗にしてから半田付けをしてくれました。


また、針や文字盤を外すと、振り子時計の要、ムーブメントが見えてくるのですが、これに油を差すなどのメンテをしてくださり、元の通りに組み上げて、鐘の鳴るタイミングを調整してくれました。


お泊りをしないといけないかと思っていたら、10分程度の作業でささたっと直してくれたので日帰りできた為に、寂しい思いをしなくて済みました。

振り子時計


この修理とメンテナンスは、無料でしていただきました。
購入時に、そんなことをおっしゃっていたのですが、本当にその通りでした。

思わず店主さん儲けあるのかな?と思ってしまいました。


そんな心配をしたわけではありませんが、ガラス瓶の購入の約束をしてお取り置きしてもらいました。
しかもまたまた値引きしてくださり、さらに儲けあるのかなと心配してしまいました。
ま、時計も直り、欲しかった物が見つかり少しでも安く購入できそうということで、自分ら的にはとても助かります。

骨董屋の店主さんありがとうございました。
【関連する記事】
posted by YAMA at 23:46| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック