2008年12月28日

囲炉裏のある生活83日目(’08この冬 5回目)

残り少なくなった備長炭。
後1回分かなぁ。

心細いので備長炭を買いに行きました。
行き先は高知市内の”ひろめ市場”。
在庫があったりなかったりなので、どうかなとか思いながら、ずっと購入している店に行くとありました。

でも、あまりにも久しぶりに購入するので、

私:「備長炭をください。」

店員さん:「どの位いりますか?」

私:「20キロ。」

店員さん:「12キロ入りの箱がありますが...。」

私:「ああ、12キロです。」

てな感じで要点を上手くいえずバラバラな会話。

そのうえ店員さんは「開いてるので。」って言うのでなんのことかと思ったら、その炭の入った箱が開封されているということだったのですが、結局そんなことはなく、ただ包装の仕方が変わっていただけのようです。


炭は無事購入できたので、本日早速火入れをします。
当然今年学んだ方法で七輪を使って火入れをしますが、今日はなんとなく失敗したかなと思える程、炭への火の入り方が悪かったように思いました。

それでもきちんと火は入り、囲炉裏の中でこうこうと燃えるようになり、夕食後囲炉裏そばにいると、なんとなくホカホカして眠たくなってきて、ちょっとだけ寝てしまいました。

そして、いつぞやかのほしかが残っていたので、焼いて食べることにしました。
冷蔵庫の中で固くなったほしかも、火を入れると柔らかくなって、いつものおいしいほしかになりました。

火を入れた時は当然乾燥予防の為に、茶瓶をかけます。
それで沸いた湯を湯たんぽに入れ、私が年から年中飲んでいる麦茶も沸かしました。


”ひろめ市場”のすぐそばの道で、日曜市が開催されていたので、そこでも買い物をしてきました。
正月用品なのですが、これは良く見て買い物をしないと結構損をしそうですよ。
一例として、ゆずり葉などは、あるお店では250円だったりしますが、別のお店では50円だったりします。
まま、見るだけでもなかなか楽しかったりします。
そういう年になりました。
あ! ここでは有名なおいしい芋天を買いました。
帰りの車中で食べましたが、いつも通り美味しかったです。
ラベル:囲炉裏 備長炭
posted by YAMA at 23:29| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲炉裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック