2008年11月04日

いも練り飴

私の小さい頃、小遣いを持って駄菓子屋に行き、お菓子やカード、おもちゃを買うというのがほぼ日課になってました。

今ではその駄菓子屋もあるのか無いのか...
その駄菓子屋があった商店街は、最近行くとかなり閑散として休日も活気の無い街になってしまい、寂しく感じました。

ただ、駄菓子の方は今でも販売されている物もあって、その代表がベビースターラーメンだったりします。

数ある生き残りのお菓子の中で、今もって好きなお菓子の1つに、いも練り飴があります。
最近では他にどぎつい色の付いた物もあったりするのですが、これは慣れ親しんできた練り飴とは全然違うので好きではありません。

昨日そのお菓子を買ってきて、今日早速食べました。
以前はそんなに感じた事はないのですが、この飴寒い時期限定のようで、夏場は販売していません。
なので、久々の練り飴に結構嬉しかったりする私です。

この飴の食べ方ですが、練り飴だけに柔らかくして練って空気を入れて食べるのが本当のところでしょうが、私ってものぐさなのか、そのまま食べてしまってました。
が、今回は飴色の物が白くなるまで練ってみたりして、食べてみました。
味は変わらないと思うのですが、この練るという過程を楽しむのも1つで、いかに白く柔らかくするかですね。

他にもヨーグルトという小さいカップのお菓子も買ったのですが、これは昨日食べました。

そういえば、両方ともクジが付いているのですが、見事両方とも”はずれ”でした。
今も”あたり”が出れば、もう1つもらえるようなので、こっちの楽しみもあります。


止められまへんな!

ラベル:駄菓子 練り飴
posted by YAMA at 22:13| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック