2020年01月12日

自転車の後輪タイヤとチューブ交換

YAMA.Rが乗っている自転車の後輪のタイヤが今にも2つに裂けそうな程摩耗しているのに気が付いたのは昨年末のこと。
その翌日に見事にパンクをしていました。

その自転車のタイヤを交換しパンクの修理をしたのですが、これがパンクしてから乗ってしまってた為に、たくさんの穴が開いてました。
一応それら全部にパッチを貼って元に戻していたのですが、一部穴が開いたというよりも少し裂けた状態になっていたこともあり、結局1回乗ったらまたペチャンコになってしまい、再修理が必要となってました。

で、今日やっと時間ができたので作業開始。
今回はもうチューブを交換することにしました。

またまた後輪を一旦外してチューブを入れ替えます。
流石に短期間の内に複数回同じ作業をすると、最初よりは短時間で作業が進みます。

ということで、新しいチューブになったYAMA.Rの自転車の後輪は、きちんと仕事をしてくれそうです。

posted by YAMA at 22:45| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GB5 塗装面の状態 納車1年1か月後

納車から青空駐車で1年1か月。

途中一度磨いてコーティングをしてはいました。
そして、2020年になり、正月休みの最後の日に、ポリッシャーを使用して磨きコーティングをしたのは、ルーフとボンネット。
時間的にはそこまでが限界で、そして中途半端に終わった感はいなめませんでした。

で、昨日の雨で車体が濡れているのをいいことに、残ってしまってたポリッシュ時のかすをとりつつ、ルーフとボンネットを確認してみました。


全然ダメ〜!!


悲しいかな、やはりウォータースポットが肌にできる湿疹やら蕁麻疹のようにあるし、コーティング剤が拭き取れ切れてないままです。

そんなことで、全てを磨くことはできないにしても、ちょっと気になる部分だけでもと思い、ポリッシュで使用したコンパウンドを用いて手で磨いてみます。
が、全面的な解決は、もっと粗目のコンパウンドを使用しないことには無理ということが分かりました。
ウォータースポットは悪魔的に頑固です。
一応、ルーフ含めてボンネットまで確認して、コーティングを施行しました。とはいえ、今使用しているコーティング剤はかなり使い勝手が悪いと感じています。
今日は曇りで、塗面は冷めているんですけどね、どうやっても残ってしまう感じでした。

本当はほかの部分にも、コーティングをしておきたいのですが、それは時間的なことで明日に持ち越しとなりました。


ラベル:GB5
posted by YAMA at 22:38| 高知 ☀| Comment(0) | FREED(GB5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする