2017年08月07日

台風5号の影響で天気が不安定なもので...

もう何年前になるのでしょうか。
高知がこれのおかげでにぎわった、ドラマを見てました。

”龍馬伝”

です。

なんで今頃?
私にもよく分かりません。
ただ放送当時は録画しただけで見てませんでした。
ちょっとだけ見て、聞いたことのある内容と設定が異なっていたからでしょうか。

今日は勝海舟に龍馬が会うシーンがありました。
これまた全く違う設定。
そして見ていると、福山さん演じる龍馬になんだか嫌な感じを受けながらも、勝海舟に認められた時はちょっと感動してしまいました。

何が嫌だったのか分かりませんが。

そろそろ、武市半平太が、山内容堂によって追い込まれていきそうです。

posted by YAMA at 00:01| 高知 ☔| Comment(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

海洋堂ホビー館と道の駅なかとさ

7月22日土曜日の話になりますが、さらにその前日に、”センムの60年”という企画展示があるということで行ってみることになりました。

現地到着は10:35頃でしたが、これが2年前に行った時とはうってかわって、全然車がなくて営業しているのか心配になる程の状態でした。
最悪の事態を想定しながら、施設入り口に行くと、どうも扉は開いているようです。

休刊日は火曜日なので普通に営業をしていたようですが、ただ単に人が少なかっただけのようです。

そんなことで、ほぼ貸し切りみたいな状態で施設に入ることができました。
通常の展示は以前とはちょこちょこ変わっていたように思います。
以前はあった、ガンダム関係の物が全くありませんでした。

そして企画展示は、どうやらセンムの趣味的な物が展示されていたようですが、中でも気になったのは、アメリカで購入したという直径1m以上はあるかと思える大きなミレニアムファルコンでした。

ここを12:00過ぎに出て、帰路の途中に寄ったのが、先週オープンしたばかりの”道の駅なかとさ”です。
昼時ということもあって結構車が入っていたように思います。
自分達もお店で昼食を摂るつもりが、1時間待ちなんて声が聞こえてきたもんで止めて、ここにある”kaze工房”でケーキを買って帰りました。

”海洋堂ホビー館”はそれなりに面白いし、今回は人に邪魔されずにゆっくり見ることができたし、新しい”道の駅なかとさ”はいわゆる道の駅でしたが、新しさの刺激はいつも大事なことです。

たまには遠出しないといけません。


posted by YAMA at 00:44| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

膨れていた肘関節のその後

昨日の肘が膨れていた部分の内容物吸引後、少しその肘部分に違和感がありましたが、大人しく入浴時も濡らすことなく、今朝まで貼ってあったガーゼを残しておきました。

朝食後、いよいよガーゼを取ってみると、まだ少し膨れ感はありますが、大分目立たなくなった肘が現れました。
穿刺した部分を探してみますが、分からない状態。

でも、もう少しだけ大人しくしておこうかなと思い、昨日に続き本日もダラダラしてました。


と、いうか、元々外が暑過ぎて、なんもやる気が起こらないというのが本当のところですが...。(汗)
posted by YAMA at 22:03| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

膨れていた肘関節

事の始まりは2か月前。
FD3Sの車検準備をしていた日の夕方。
夕食後に机に肘をついてスマホをいじっていたところ、急に右肘の机についていた部分が痛くなり始めました。
ちょっと熱感もあったので、湿布してその日は寝た訳ですが、気が付くとその部分が腫れてしまっていました。
それも何処かに打ち付けて腫れた感じではなく、プヨプヨして液体が貯まっているような腫れようでした。

痛みはその内に治まってきたのですが、それでも押すとある部分がやや痛み、腫れはある所から大きくも小さくもならず、少しその腫れ部分に違和感がある状況が続きました。

ネットで検索すると、同じような症状だと、2か月程で腫れもひいてくるとのことだったのですが、一向に腫れが治まる気配を見せず、肘の違和感や押すと痛い部分に動きがないまま2か月が経過してしまいました。

いよいよ、重い腰をあげて病院に行く気になり、本日時々お世話になる整形外科に行ってみました。

診断名:滑液包炎

でした。
一応X線検査を受け骨に異常がない事を確認してもらい、中に貯まっていると思われる液体を抜くことになりました。
普通に注射器で吸引されましたが、中から出てきた物は、血性の物でした。
主治医は性状を痰血性と言ってましたが、血液だけではく浸出液も混入した状態だったんでしょうね。

普通の注射針で穿刺してたんで、普通の採血などの時の様に考えてもいいかなと思ったのですが、看護師からは今晩は濡らさず、明日の朝ガーゼを取れとのことだったので、関節付近ということもあるので、一応そのとおりにしてみます。

どうも、再発し易く時に慢性化するようなので、肘の酷使や、机に肘をついてみたいなことは避けた方がいいようです。

落ち着くかなぁ〜。

posted by YAMA at 21:24| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

ブルーレイレコーダーに外付けHDDを接続

気が付けば、壊れそうな物も含めてブルーレイレコーダーが3台ある我が家ですが、すべて同じメーカーで統一しているもので、それぞれを見ていくと、その進化が分かって面白いです。

当初2番組同時録画の際の片側は記録様式は固定だったのが、次の代では自由になり、さらに動作も早くなってみたり、一番新しい物では今回の外付けHDDも接続可能になりました。

今回の外付けHDDは、当初TVへの接続を考えていましたが、録画したはいいものの、もし残したい場合を考えると、難しくなるので、主で使用している一番新しいブルーレイレコーダーに接続することにしました。

今回用意できたのは2TBのHDDでUSB3.0での接続可能なものです。
細かな仕様をみてもその違いがあまり分からないので、私はこれで十分。
当然パソコンだけでなく、TVやブルーレイレコーダーにも接続できる物です。

設置は簡単... 

とは家の場合いかず、ブルーレイレコーダーを引っ張り出すにも、すでに接続してあるケーブルの長さで制限され思うようにいかず、結局無理にひっぱってHDMIケーブルがすっぽ抜けるという事態になり、さらに後ろ側のスペースがあまり確保できず、HDDの接続も少々苦労する始末。
設置場所の関係でやや無理があったのですが、本当に必要な接続自身はしごく簡単です。
ACアダプタともう1本ケーブルを接続するだけですから。

さて、使用するにあたり、外付けHDDをブルーレイレコーダーに登録する必要があります。
これも、取り扱い説明書どおりするだけで簡単にいきます。
実はこの登録の際にHDDが初期化されてしまうので、接続機器専用となってしまうことが、TVからブルーレイレコーダーへ接続先を変更した理由の1つです。

まだ、HDDに録画していませんが、直接録画もでき、ブレイレコーダー本体HDDへの移動、コピー(コピー10の場合ですが)と、またその逆も可能なようです。

録画し放題です。

posted by YAMA at 21:46| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

CF46A(アドレスV125)スターターリレー交換

CF46Aには、色々とウイークポイントがあって、このスターターリレーもその1つです。

私のは1年6か月程前に、回ったり回らなかったりしていたセルモーターが、段々とその動く回数を少なくしていき、最終的には全く動かなくなってしまいました。
ただ、この時のトラブルシューティングには、チェック箇所がいくつか出てくるのですが、一先ず一番簡単な、そもそもセルモーターに電流が来ているかどうかのチェックをしてみてました。
その際は、電流が来ていないという結果になり、スターターリレーを疑うこととなりました。

このスターターリレーは新品が5,000円程度するらしく、どうするか考えましたが、最終的に不確定要素を潰せないのですが、中古で購入してみることにして、先般ヤフオクでゲットしてました。

そんなことで、梅雨の雨が上がってしまった今日、交換するべく午後から作業にかかりました。
スターターリレーはステップにあるバッテリーの横なので、交換するにしても簡単です。
バッテリーのマイナス端子を外し、絶縁しておいて、スターターリレーそのものに刺さっているソケット、ビス固定のハーネスを外します。
今回購入のスターターリレーに元のように固定していって、まずは仮で。
そして動作確認。

キュルルル

見事に回ってきました。
スターターリレーが中古であること、自分のチェックで間違いなかったのかなど、半信半疑な状況でやってみた交換作業ですが、あっさりとセルモーターの動きが復活。
ただ、以前に「カチ」というだけでセルモーターが回らない症状が、早くも顔を出す機会があったので、これまた微妙な感じがしてますが、現在は回る率が高いのでひとまずは様子見です。

これで、ちょい便利なというか、元々の仕様に戻ってきました。



posted by YAMA at 22:20| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AddressV125(CF46A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

父の日ですけど庭木のまったり剪定

したいことがあっても、具体的にどうするかが決まってないこともあって、せっかくできた時間をどうするかとした時に、庭でまったりするかということになりました。

まずは水やり。
梅雨なのに雨が降らないもんで、植物も、特にアジサイがぐったりです。

さらに草引き。
気になる部分があったらどうしてもしたくなり、これがまったりなのかと...。

最終的に、ろ〜るきゃべつから指令を受けてモミジの剪定をすることにしました。
高い所で、ピンピンと伸びた枝があったもので、その剪定ということだったのですが、いざやり始めると、枝が気になりだして、不要な部分を切るなどして、結構すかし剪定をしたつもりです。

やり出したら止まりません。
モミジの隣にあるサクランボの木まで、ろ〜るきゃべつが切り出したのをきっかけに、ろ〜るきゃべつができない部分を私が引き継いで切ってしまいました。

病気にさせないために風通しを良くすることは大切ですが、それにしても..。


切った枝の山が後に残りましたとさ。


posted by YAMA at 20:22| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

FD3S(RX−7)やっとこさ完全形態に移行

梅雨ですが、雨が降らずの日が続いていますが、今日はお昼頃からだんだんと曇ってきて、雨が降るかなと思ったりしましたが、幸い雨にはなりませんでした。

先週ボーテックジェネレーターを装着して、残すは車内のこの作業だけになっていました。
この作業ってのは、VSDコンセプトの表示部に、スモークフィルムを貼ることです。

以前に作成したフィルムが1枚あったのですが、いつも失敗をするので、予備にもう2枚切り出しをしました。
それから貼る作業。
貼る位置は紙でとってあるので、それを外側から貼り付けて、それを目安にフィルムを貼り付け。
これまで結構時間をかけていたし、貼り換えを何回かしてみたりしていたのですが、今回がどういうわけか最初で位置が決まり、貼るのも綺麗にできたように思います。

下側がギリギリになあっているのと、少し傾きがあるように思いますが、剥がしてまた貼ることを考えると、これでいいやって感じで終わらせました。

乗ってみても特に問題はないしいいでしょう。

これですっかり車検前の姿に戻りました。(嬉)

posted by YAMA at 21:43| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RX−7(FD3S) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

FD3S(RX−7)ボーテックジェネレーター装着

車検の為に外していた、両サイドのボーテックジェネレーター。
なんちゃってカーボン仕様としてましたが、これの状態がとっても悪かったので、外したついでにやり直していました。
シートが全然貼り付いてくれなくて、両面テープを使いまくってそれでなんとかってところですが、はっきりって汚いです。

とはいえ、本日最後の調整をしてから車体に装着しました。

もとはといえば、装着用のビス穴を開け直した関係でこれをしないとおさまらないものでしていることではありますが、もっと根本的に対応した方がいいのかもしれません。

posted by YAMA at 23:59| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | RX−7(FD3S) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

ガレージを補修せよ!2017

結構暑くなってきましたが、それでも風が吹いて心地よい感じの1日でした。

築10年以上経過している、キットガレージですが、先般の庇の設置の際に、カビのような物が生えている箇所があって、その部分は外壁材がスカスカになってきていることが判明し、急遽コーキング剤を塗布することになりました。

そんなことがあって、もうちょっと全体的に観察をしてみようと思いマジマジと見てみると、基礎の立ち上がりに接する部分の外壁で一部なんだか変な状態になっている箇所を発見。
なんとその部分も外壁材がもろくなってきてて、手で触ると崩れてくる状態になっていました。
さらによく見ると、外壁材の継ぎ目の部分であり、施行してあったコーキングに亀裂が入っているのがわかります。
そして崩した部分から蟻が出てくるではないですか!
これは非常にまずい状況と思い、一応蟻の殺虫剤を塗布しました。
すると、中から何匹っか這い出してくるじゃないですか。
昨年もそうでしたが、暖かくなると、ガレージの中を行き交う蟻を見かけていました。
どうやらこういった部分が浸入経路になっていたようです。

このもろくなっていた部分については、これまであまり確認ができていなかった所。
今も植物があって、少々確認し辛い状況ではありましたが、今回見つかって良かったと思います。

とにかくスカスカな部分を壊してそこにコーキングしておきました。
私にはこれしか方法を思いつかないもんで..。

というわけで、基礎の接合部分もコーキングを前周的にやり直してみました。
ただ、今回被害の一番ひどかった部分の周囲は、植物の関係で施行できなかった箇所あり、心配なぶぶんではあります。
冬になって、植物が少なくなった時に再確認としましょう。
これから梅雨ですけどね..。
posted by YAMA at 23:43| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする